--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年09月06日

中和神社と津黒山。

夜行バスで東京より帰宅し、うさぎと猫2匹をもみくちゃにしてから、すぐに準備をして自宅を出発。
NHK文化センター米子教室山とパワースポット」で今月中旬に登る予定の、中国山地の津黒山(つぐろせん・1117.8m)に行ってきました。

中和神社と津黒山・その1
まずは登山口の少し手前にある、中和神社を参拝。
小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトリーダー・川口淳一郎さんがお参りしたことで、近年注目を浴びているパワースポットです。
小学校の敷地脇に立って、賑やかな雰囲気でした。

中和神社と津黒山・その2
続けて山乗渓谷入口へと移動し、登山スタート。
歩き始めてすぐの山乗千手観音にもお参りをしました。
ここは手足の病気治癒にご利益があるとされる、素朴な観音堂です。

中和神社と津黒山・その3
さらに渓谷入口の観光施設を通過すると…小規模ですが土砂崩れの跡があったのでした。
先日の台風12号によるものでしょう。
足元は泥だらけになりますが、まあ通過には問題ない状態でした。

中和神社と津黒山・その4
すぐ上の分岐を右に進み、山乗渓谷では一番の見所である不動滝へ。
ここも神秘的な雰囲気が漂う、パワースポットと呼ぶにふさわしい場所です。
まだ台風時の増水が続いているようで、いつもよりも随分と多い水量となっていました。

中和神社と津黒山・その5
分岐まで引き返して、山乗渓谷遊歩道へ。
こちらは特に荒れた箇所もなく、普通に歩き通すことができました。

中和神社と津黒山・その6
渓谷遊歩道終点からは舗装道路を横断して、こんどは津黒高原へ向かう遊歩道へ。
アップダウンの少ない、歩きやすい道です。
利用する人はごく少ない道だと思われるのですが、刈り払いなどされて手入れが行き届いている様子でした。

中和神社と津黒山・その7
津黒高原側の舗装道路に出たら、右に進んで津黒山登山口を目指します。
途中のスキー場の上端は展望が良く、遠くに大山や蒜山三座の姿を見渡すことができました。

中和神社と津黒山・その8
さて登山口からは、植林の中の急な道をひと頑張り。
傾斜が緩むと間もなく前方に、小高い丘のようになった津黒山の頂上が近づいてきました。

中和神社と津黒山・その9
登りつめた、津黒山頂上。
1年前は曇りで何にも見えなかったのですが、晴れていれば展望にすぐれた、素晴らしい頂上です。

中和神社と津黒山・その10
これは下山後、山麓の水田付近から写した津黒山の姿です。
写真中央やや左の小高い一角が、山頂でしょう。
登山口から登るだけならば少々物足りなさも感じる山ですが、山乗渓谷から通して歩けば変化に富んでけっこう充実する、良いコースだと思いました。

2011年09月06日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。