--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年08月24日

雑誌『山と渓谷』と『岳人』の2011年9月号。

発売から少々日が経ってしまいましたが、今月の山の雑誌にも記事を書かせていただいたので、ご案内させてください。

雑誌『山と渓谷』2011年7月号
まずは『山と渓谷』9月号。
表紙の左下に「[特別企画]地域研究スペシャル版伯耆大山」とありますが、これのコースガイド6ページ文と、全図の校閲およびガイダンスページの写真提供をさせていただきました。
その他、鳥取県立大山自然歴史館の谷田貝繁明館長による紹介文など、総ページ数は16ページ。
雑誌誌上において、これだけまとまった大山の記事が掲載されるのは、多分初めてだろうとのこと。
5年前、右も左も何にも解らなかった私が(元々東北出身のもので、今でも西日本には疎いのです)、こういう記事を書かせていただくというのは少々僭越な感もありますが、まあいろいろな巡り合わせということでお許しいただければと思います。
なかなか自分自身では良し悪しの判断がつかないのですが、大山に興味のある方はぜひ目を通していただければと思います。

そして個人的には、メインの特集である「近くて良い山、谷川岳」と並立するような形で大山を取り上げていただけたことに、大きな喜びを感じています。
谷川岳もそれこそ私の若い頃は、随分と入れ込んで登ってきた山であり(トータル山行日数は大山よりも遥かに多いでしょう)、今でも時間があれば足を運びますし、ガイドも得意とするエリアです。
特集記事自体も大変に読み応えのあるものですので、ぜひ手元に置いていただきたい今月のヤマケイなのでした。

雑誌『岳人』2011年7月号
続けて『岳人』9月号です。
こちらは「第1特集◎単独行」の中に「出雲北山縦走 古代からの歴史感じながら」という文章を4ページ掲載させていただきました。
しかし…単独行特集に、ロングコースとはいえ小粒な日帰り山行の記録とは、少々気恥ずかしいものがあります。。
まあそれでもご紹介したコースそのものは大変に良いものですので、よろしかったらザッとでも流し読みしていただければと思います。

Amazonへのリンク:

山と渓谷 2011年 09月号 [雑誌]
岳人 2011年 09月号 [雑誌]

2011年08月24日 山の本や雑誌 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。