--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年08月14日

前聖岳と奥聖岳。

今回の南アルプス縦走は、聖岳(ひじりだけ・3013m)から光岳(てかりだけ・2591.1m)をゆっくり歩くプラン。
そういう訳で聖平小屋に入った翌日は、聖岳山頂を往復するのみという、贅沢な時間配分となりました。

前聖岳と奥聖岳・その1
朝食後、朝日の中を聖岳山頂目指してスタート。
薊畑付近では、鹿に食べられてしまってアザミはごく僅か。
代わりにマルバダケブキが一面に咲いている箇所がありました。

前聖岳と奥聖岳・その2
西沢渡への分岐を過ぎて、樹林の中を登っていくと小聖岳(こひじりだけ・2662m)に到着です。

前聖岳と奥聖岳・その3
小聖岳からは痩せた尾根を少したどると、いよいよ聖岳山頂直下の大登りとなります。
あまり様子の変わらない登りが1時間近くも続き、疲労感が大きいところなのですが、それでも今回は展望が良いため足取りは軽いほうです。

前聖岳と奥聖岳・その4
やがて到着した聖岳頂上。
この山頂は厳密には前聖岳(まえひじりだけ・3013m)と呼ばれる、聖岳頂稜付近の最高点です。

前聖岳と奥聖岳・その5
今回はゆっくりプランなので、お客様の中の希望者のみ、東に連なる奥聖岳(おくひじりだけ・2978.3m)にもご案内しました。

前聖岳と奥聖岳・その6
奥聖岳山頂から、東に急傾斜で切れ落ちる東尾根を見下ろしたところ。
写真中央のピークは、東聖岳(ひがしひじりだけ・2800m)です。
この東尾根は、無雪期も一応は歩けるのですが、多く登られるのは冬の時期です。
(それでも登山者は随分と少ないでしょうが)
山深い場所なのですぐにという訳にもいきませんが、私もいつか冬にこの尾根をたどってみたいものだと思いました。

2011年08月14日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。