--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年08月06日

イザルヶ岳、仁田岳、茶臼岳。

南アルプスの光岳(てかりだけ・2591.1m)に登った翌日は、茶臼小屋への移動日です。

イザルヶ岳、仁田岳、茶臼岳・その1
光岳小屋で一夜を明かし、まだ暗いうちに外に出ると、富士山(ふじさん・3776m)をシルエットにした朝焼け空が広がっていました。

イザルヶ岳、仁田岳、茶臼岳・その2
朝の景色を堪能した後、食堂利用の順番を待って朝食準備です。
どんどんとお湯を沸かし、お客様ご持参のフリーズドライ食品に次々と注げば、それなりに美味しい朝食の出来上がり。
ひと昔前に比べると、随分と便利になったものです。

イザルヶ岳、仁田岳、茶臼岳・その3
朝食後に出発し、まずは少し寄り道をしてイザルヶ岳(いざるがだけ・2540m)の頂上に立ちました。
山頂標識の向こうには、翌日登る予定の聖岳(ひじりだけ・3013m、左)と上河内岳(かみこうちだけ・2803.0m、右)がそびえていました。

イザルヶ岳、仁田岳、茶臼岳・その4
いっぽうその背後を振り返ると、昨日登った光岳の姿も。
こちらはなだらかで樹林にも覆われ、いま一つ目立たない山容です。。

イザルヶ岳、仁田岳、茶臼岳・その5
イザルヶ岳を後にして、前日登った道を易老岳(いろうだけ・2354m)まで引き返し、そこから稜線をさらに北東に進んで希望峰(きぼうほう)の頂上へ。
樹林に覆われた目立たないピークなのですが、今回は再び寄り道。
ここから南の仁田岳(にっただけ・2523.8m)に足を延ばしてみることにしました。

イザルヶ岳、仁田岳、茶臼岳・その6
その仁田岳に向かう途中、すぐ間近の露岩に何者かが動く気配が!
見るとライチョウの親子です!!
我々が通過中も特に逃げることもなく、落ち着いた様子でハイマツをつついていました。

イザルヶ岳、仁田岳、茶臼岳・その7
心ゆくまでライチョウ観察をした後、仁田岳の頂上へ。
本来は展望良い山頂なのですが、残念ながらガスで何も見ることはできませんでした。。

イザルヶ岳、仁田岳、茶臼岳・その8
希望峰まで引き返してさらに先に向かうと、山上に水を湛える仁田池のほとりへと出ました。
ところがここでいよいよ雨が本格的に降りだしてきたのです。
急いで雨具を着用することになりました。

イザルヶ岳、仁田岳、茶臼岳・その9
そして茶臼岳(ちゃうすだけ・2604m)の頂上へ。
しかしやはりここも展望はなし。

イザルヶ岳、仁田岳、茶臼岳・その10
茶臼岳の先で稜線から東に下ると、宿泊予定の茶臼小屋の姿が近づいてきました。

イザルヶ岳、仁田岳、茶臼岳・その11
茶臼小屋の夕食です。
いつも出てくるビンチョウマグロの刺身が、大好評です。
さてこの後は混雑する小屋の片隅でお客様と少しだけ歓談をし、19時には就寝としたのでした。

2011年08月06日 ガイド コメント:2

 木元さんこんにちは。荒川三山、赤石岳では心のこもったガイドをしていただきありがとうございました。木元さんとご一緒させていただく、明日からの北アルプス4山も楽しみにしていたのですが、中止のなり本当に本当に残念でなりません。いろいろ予定があったのですが無理して11日からの同コースに参加させていただくことにしました。「山と兎」楽しく拝見させていただいております。木元さんのますますのご活躍をお祈りいたします。

2011年08月29日 有賀 芳子 URL 編集

有賀さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。
明日からの北アルプス、中止になってしまい本当に残念ですね。
台風にはさからえない…とは言え、今年は台風が多くて本当に困ってしまいます。。
11日からのツアーが無事催行され、そして百名山完登されることを、お祈りしております。
このブログもご覧いただいているようで、ありがとうございます。
またどこかの山でお会いできると嬉しいですね。
今後ともよろしくお願いいたします。

2011年08月29日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。