--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年08月05日

光岳と光石。

この夏2度目の南アルプスの2日目は、早朝に下栗の里から易老渡へとタクシーで移動しました。

光岳と光石・その1
易老渡登山口にかかる橋。
これを渡って、急登にとりかかります。
ちなみにここで、私はヒルに吸い付かれそうになりました。
何度も訪れている易老渡ですが、ヒルを目撃したのは初めてです。
(少し上の便ヶ島では毎回数匹のヒルを見ています)

光岳と光石・その2
易老渡からの急登の途中にある面平。
ここいら辺はやや楽ですが、とにかく急な登りが続くので、ペース配分が大変重要になる区間です。

光岳と光石・その3
それでも皆さん頑張って、良いペースで易老岳(いろうだけ・2354m)に到着。
ここで早めのお昼ご飯にしました。

光岳と光石・その4
易老岳からはしばらく下りが続きます。
写真右手の開けた一角は、三吉ガレと呼ばれる崩落地で良い展望ポイントとなっています。

光岳と光石・その5
下りきった三吉平から登り返して、静高平へ。
ここの水場で、皆さんにお一人1.5~2リットルほどの水を汲んでいただきました。

光岳と光石・その6
さて静高平から光小屋に向かい、荷物を置かせていただいて光岳(てかりだけ・2591.1m)の頂上へ。
南アルプス南部の、落ち着いた山頂です。

光岳と光石・その7
さらに、10分ばかり下った光石にも足を運びました。
ガスがかかって展望が得られなかったのは残念ですが、思いのほか大きな岩体に、皆さんとても驚いておられました。

さて光小屋に戻った後は、外のベンチでお客様と一緒に夕食の準備。
フリーズドライのご飯を食べるのは初めてという方もありましたが、最近のものは味も良く、皆さんそれなりに美味しく召し上がっていたようでした。

2011年08月05日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。