--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年07月31日

荒川三山縦走。

南アルプス3日目の朝を迎えました。

荒川三山縦走・その1
天気は雲は多いものの、まずまずといった感じ。
前夜は豪雨で大変に心配したのですが、とりあえず出発時に雨粒が落ちることはなさそうな様子でした。

荒川三山縦走・その2
仮設の千枚小屋前から、鹿の食べないバイケイソウ(有毒)とマルバダケブキ(固い)ばかりが目立つ斜面を抜けて、樹林帯を登っていきます。

荒川三山縦走・その3
樹林帯を抜けると、間もなく最初のピークとなる千枚岳(せんまいだけ・2879.8m)に到着。
本来は展望に優れたところなのですが、辺りは真っ白で周囲は見えませんでした。。

荒川三山縦走・その4
千枚岳から短い急な岩場を下り、なだらかな丸山(まるやま・3032m)を抜けると大岩が転がるロックガーデンのような場所が続きます。

荒川三山縦走・その5
岩場を登り詰めると、今回の山行の目的の一つであり荒川三山の一つでもある、東岳(ひがしだけ・3141m)の頂上です。
深田久弥氏の『日本百名山』には、
「どうあっても悪沢岳(わるさわだけ)あらねばならぬ。」
と強調して書かれている山であり、そちらの名称のほうが一般的かもしれません。

荒川三山縦走・その6
東岳から中岳とのコルに向かう急な下り。
写真に写すことはできませんでしたが、猿の群れがぴょんぴょん跳び回って遊んでいました。

荒川三山縦走・その7
コルからは比較的なだらかな道を登って、中岳避難小屋前に到着。
残念ながらこの辺りから雨が強くなり、雨具を着用しての行動となりました。

荒川三山縦走・その8
避難小屋からほんの僅かで、荒川三山2つめの中岳(なかだけ・3083.2m)です。
雨が降り、ガスもかかってやっぱり展望はなし。

荒川三山縦走・その9
続けてすぐ先の分岐から、荒川三山3つめの前岳(まえだけ・3068m)にも登頂。
標識先は大きく崩れ落ちた大崩落地となっていました。

荒川三山縦走・その10
分岐まで戻って下りに差し掛かると、いよいよ今回のハイライトの一つ、前岳のお花畑です。
天候はいま一つだったものの、ハクサンイチゲやシナノキンバイ、クロユリなど色とりどりの花々が目を楽しませてくれました。

荒川三山縦走・その11
荒川三山からは、一気に赤石岳(あかいしだけ・3120.1m)を目指す人も少なくないのですが、今回はゆったりプランだったので我々は前岳から下ってすぐの荒川小屋に宿泊。
夕食は美味しいカレーライスでした。
私は縦走登山ツアー中は太ることが多く、いつもおかわりは控えているのですが、ここは我慢できずに2杯も食べてしまったのでした。

2011年07月31日 ガイド コメント:1

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年08月19日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。