--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年07月30日

蕨段コースから千枚仮設小屋へ。

ひっそりとした椹島ロッジに宿泊した翌朝、千枚小屋を目指して出発しました。

蕨段コースから千枚仮設小屋へ・その1
井川山神社から林道に上って、その先のこの滝見橋の左手前から登山道に入ります。

蕨段コースから千枚仮設小屋へ・その2
沢筋をトラバースしつつしばらく進み、吊り橋で対岸へ移動。
この後は鉄塔の下を潜ったり、岩尾根を歩いたりしつつ林道へ。

蕨段コースから千枚仮設小屋へ・その3
林道を少しだけ右に進み、現われるこの階段から再び登山道へ。

蕨段コースから千枚仮設小屋へ・その4
林道近くのなだらかな道をしばらく進むと、湧き水の出る清水平へ着きました。

蕨段コースから千枚仮設小屋へ・その5
見晴台では、一段上がって仮設トイレのある地点から、悪沢岳(わるさわだけ・3141m)の姿を望むことができました。

蕨段コースから千枚仮設小屋へ・その6
さらにこのコース一番の見所である、駒鳥池へ。
山の中の神秘的な池でした。

蕨段コースから千枚仮設小屋へ・その7
さて駒鳥池から最後ひと頑張りで、千枚小屋へ到着です。
この小屋は昨年不審火で消失しており、現在は仮設小屋で営業中。
しかし宿泊は別棟の月光荘という、しっかりしたロッジ風の建物であり、快適に泊まることができました。

蕨段コースから千枚仮設小屋へ・その8
月光荘の奥のベンチで休んでいると、ガスが切れて赤石岳(あかいしだけ・3120.1m、左)と小赤石岳(こあかいしだけ・3081m、右)の姿が現れました。
翌々日に登る予定の山です。
この後夜は激しい雨の降る空模様となり、翌日からの登山に不安を覚えたのでした。

2011年07月30日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。