--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年10月31日

藤内壁と御在所岳。

4週間前に引き続き、今月2度めとなる鈴鹿山脈御在所岳の藤内壁に行ってきました。

藤内壁と御在所岳・その1
今回取り付いたのは、一ノ壁。
グレードの低い、0ルート、2ルート、1ルートと立て続けに登りました。
ここでやっとウォーミングアップが終わり、いよいよ難度の高いルートに取り付こうか、というところです。
しかし…、寒い!
あまりの寒さに、手がかじかんでしまいます。。
無理して登っても危ないので、日和った…という訳でもないですが、クライミングはここまでにして御在所岳の頂上にハイキングに行くことにしました。

続きを読む

スポンサーサイト

2012年10月31日 クライミング コメント:2

2012年10月29日

寒かった瑞牆山。

奥秩父の山の最終日、3座目は瑞牆山。

寒かった瑞牆山
しかし残念なことに、この瑞牆山も山頂はガスに包まれていました。
甲武信ヶ岳、金峰山、そして瑞牆山とも、山頂での展望がまったくなくて、少々残念な奥秩父山行…。
しかし山では、そういうのもよくあることです。
風が吹き抜けて大変に寒い山頂で記念撮影を済ませ、早々に下山して帰路へとつきました。

2012年10月29日 ガイド コメント:0

2012年10月28日

霧氷に覆われた金峰山。

奥秩父の山の2座目は、金峰山でした。

霧氷に覆われた金峰山
当初は廻り目平から山頂に立ち、千代の吹上を経て瑞牆山荘に下山する予定でしたが、山頂部で小雪が舞う空模様だったため、無理をせず廻り目平からのピストンに変更をしました。
周囲は霧氷に覆われて、早くも冬が訪れようとしていることを、告げているようでした。

2012年10月28日 ガイド コメント:0

2012年10月27日

千曲川水源遊歩道から甲武信ヶ岳へ。

この日から、私が駆け出しの頃に慣れ親しんだ、奥秩父の山々をお客様にご案内することとなりました。

千曲川水源遊歩道から甲武信ヶ岳へ
最初はまず甲武信ヶ岳。
山頂はガスで何にも見えなかったので、途中の道の写真を1枚だけ載せます。
今回は北面の、千曲川水源遊歩道からのピストン。
南面の戸渡尾根からだと要体力の甲武信ヶ岳も、こちらからならば比較的楽に山頂に立つことができました。

2012年10月27日 ガイド コメント:0

2012年10月22日

早朝の草津白根山。

四阿山に登った翌日は、さらに北上して、草津白根山に向かいました。

早朝の草津白根山
今回はまだ暗いうちに出発し、本白根山へ。
それでも遊歩道最高地点が目に入る頃には、完全に夜が明けきって、展望を楽しみながら歩くことができました。

2012年10月22日 ガイド コメント:0

2012年10月21日

秋晴れの根子岳から四阿山縦走。

浅間山に登った翌日は、北上して四阿山へ。

秋晴れの根子岳から四阿山縦走
コースは根子岳から四阿山の縦走コース。
秋晴れの天候に恵まれて、そんなに寒くもなく快適に歩き通すことができました。

2012年10月21日 ガイド コメント:0

2012年10月20日

黄葉の浅間山。

この日は仕事で、浅間山の現在立てる最高ピークである前掛山に行ってきました。

黄葉の浅間山
中腹ではカラマツの黄葉がきれいでした。
しかし前掛山山頂は、風が吹き抜けて寒かった!

2012年10月20日 ガイド コメント:0

2012年10月17日

大雨になってしまった三ヶ上。

翌月実施を予定している、NHK文化センター米子教室の「ゆっくり歩く登山教室」の下見で、中国山地の三ヶ上(さんがじょう・1035.1m)へ行ってきました。

大雨になってしまった三ヶ上・その1
上斎原の振興センターに車を停めて、寺ヶ原集落を抜けて幅広の歩きやすい登山道へ。
この時点では雨はほとんど降っておらず、何とか本降りになる前に下山できるかな?などと甘いことを考えていました。。。

続きを読む

2012年10月17日 その他の山々 コメント:0

2012年10月16日

秋晴れの石鎚山。

瓶ヶ森を登った翌朝は、四国最高峰、いや西日本最高峰である石鎚山の天狗岳を目指しました。

秋晴れの石鎚山・その1
宿泊先の土小屋・白石ロッジを出て、すぐ目の前の登山口からスタート。
第1ベンチからは思いのほか険しい、石鎚山の東面の姿を見渡すことができました。

続きを読む

2012年10月16日 ガイド コメント:0

2012年10月15日

瓶ヶ森と氷見二千石原。

鳥取県米子市のお客様をご案内して、四国へ行ってきました。

瓶ヶ森と氷見二千石原・その1
目的地は石鎚山系。
初日は軽く、瓶ヶ森を目指しました。
登山口から登り始めると右手に見えてくる山稜の稜線近くに、横に延びる筋が見てとれます。
“UFOライン”の愛称を持つ瓶ヶ森林道で、我々もこの道を車で走ってやって来たのでした。

続きを読む

2012年10月15日 ガイド コメント:0

2012年10月14日

みんなで作って育てる大山登山地図。

今年最後となる鳥取県立大山自然歴史館山岳情報調査の仕事で、宝珠尾根から三鈷峰に登り、大休峠まで縦走して川床まで歩いてきました。

みんなで作って育てる大山登山地図・その1
ところで今回は急遽、国土地理院による大山の登山道調査も兼ねて歩くことになりました。
みんなで作って育てる大山登山地図』として紹介されているもので、決して正確とは言えない地形図上の登山道を、地元登山者の協力の下に修正していこうという試みなのだそうです。
ということで出発前にはマニュアルを熟読し、指定のGPSを持って山に入ったのでした。
写真は中宝珠越の先、ルンゼ状の岩場を歩いているところ。
上方の見通しが悪いところですが、GPSはちゃんと軌跡を拾っているかな??

続きを読む

2012年10月14日 伯耆大山と周辺 コメント:0

2012年10月13日

秋の鯛ノ巣山。

こんどはNHK文化センター米子教室の「つきイチ健康登山」で、中国山地の鯛ノ巣山に行ってきました。

秋の鯛ノ巣山・その1
農道の先にある登山口から山に入ると、竹流水、鯛流水、清流水の3つの水場(小沢)が続きます。
この写真は鯛流水で、三合目の標識も併せて掲げられていました。

続きを読む

2012年10月13日 ガイド コメント:2

2012年10月11日

それなりに面白かった多飯ヶ辻山。

先日下見に行ってきた、広島県北東部の多飯ヶ辻山へ、NHK文化センター米子教室の「ゆっくり歩く登山教室」で登ってきました。

それなりに面白かった多飯ヶ辻山・その1
多飯ヶ辻山の登山口の様子。
ここから浅い沢沿いの登山道に入っていきます。

続きを読む

2012年10月11日 ガイド コメント:0

2012年10月07日

ガスが濃かった戸隠山。

体育の日を絡めた3連休は、仕事をお休みしてプライベートで山に行ってきました。

ガスが濃かった戸隠山・その1
行先は長野県の戸隠山(とがくしやま・1904m)。
蟻の戸渡りというナイフリッジの岩場があることで知られる山です。
登山口となる戸隠神社奥社には、このような詳細な案内板があって参考になりました。

続きを読む

2012年10月07日 その他の山々 コメント:0

2012年10月04日

御在所岳藤内壁前尾根。

久し振りに三重県鈴鹿山脈の、御在所岳藤内壁を登りに行きました。

御在所岳藤内壁前尾根
ルートは前尾根、最もポピュラーなコースと言って良いのでしょう。
途中、ラインが良く解らなくなってクライムダウンする場面もありましたが、概ね順調に登攀。
風が強くなってどうしようか迷いましたが、写真のP2ヤグラも登って、一応ルートは完登です。
久し振りのクライミングでもあり、少々緊張しながらも、とても楽しい一日となりました。

2012年10月04日 クライミング コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。