--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年07月31日

三伏峠へ下山。

南アルプスの縦走も4日目、いよいよ下山日です。

三伏峠へ下山・その1
これは塩見小屋での朝食中に、食堂に差し込んできた朝日。
こんかいの山行期間で、どうやらもっとも良い天候になりそうな一日の始まりでした。

続きを読む

スポンサーサイト

2012年07月31日 伯耆大山と周辺 コメント:0

2012年07月30日

熊ノ平から塩見岳へ。

北岳(きただけ・3192.4m)から間ノ岳(あいのだけ・3189.3m)と縦走し、熊ノ平小屋で一夜を過ごした翌朝は、今回登るもう一つの3000m峰である、塩見岳(しおみだけ・3052m)を目指しました。

熊ノ平から塩見岳へ・その1
熊ノ平からしばらくは、歩きやすい樹林の中の尾根道が続きます。
私が駆け出しの頃に親しんだ奥秩父の縦走路のようで、とても雰囲気の良いところです。
しかし目指す塩見岳(右)は、まだまだ遠い…!

続きを読む

2012年07月30日 ガイド コメント:0

2012年07月29日

北岳と間ノ岳を越えて縦走。

南アルプス登山の2日目、いよいよ稜線を歩く本格的な縦走路歩きがスタートです。

北岳と間ノ岳を越えて縦走・その1
これは宿泊した北岳肩ノ小屋前から見た朝焼け。
手前にシルエットになって見えている山は、鳳凰三山の観音岳(右)と地蔵岳(左)です。

続きを読む

2012年07月29日 ガイド コメント:2

2012年07月28日

大樺沢から北岳の肩へ。

2回連続した白馬岳(しろうまだけ・2932.2m)の仕事を終えた次は、南アルプスを目指すことになりました。

大樺沢から北岳の肩へ・その1
今回のコースは北岳(きただけ・3192.4m)から間ノ岳(あいのだけ・3189.3m)を目指し、そこから白峰三山を離れて三峰岳(みぶだけ・2999m)に移動して仙塩尾根を南下し、塩見岳(しおみだけ・3052m)に登って三伏峠に下山する、というもの。
登山口となる広河原から、やけに残雪の多い大樺沢二俣に向かいました。

続きを読む

2012年07月28日 ガイド コメント:0

2012年07月24日

杓子沢を渡って下山。

とても快適な白馬鑓温泉で一夜を過ごした翌日は、いよいよ猿倉に下山です。

杓子沢を渡って下山・その1
白馬鑓温泉すぐ下の長い雪渓を下って左にトラバースすると、やがて杓子沢の雪渓が間近に迫ってきました。

続きを読む

2012年07月24日 ガイド コメント:0

2012年07月23日

杓子岳から鑓ヶ岳へ縦走。

白馬岳(しろうまだけ・2932.2m)に登った翌日、今度は杓子岳(しゃくしだけ・2812m)から鑓ヶ岳(やりがたけ・2903.1m)を結んで歩く、いわゆる白馬三山縦走コースを目指しました。

杓子岳から鑓ヶ岳へ縦走・その1
一夜を過ごした白馬山荘からの出発時の天候は、多少の雲はあったものの晴れ。
これから向かう山の様子もバッチリ見渡すことができました。
中央やや右手のどっしりとした山が鑓ヶ岳で、左手前の台形状の山が杓子岳です。

続きを読む

2012年07月23日 ガイド コメント:0

2012年07月22日

再び白馬大雪渓へ。

北アルプスの白馬岳(しろうまだけ・2932.2m)から戻ったばかりですが、こんどは名古屋の旅行会社の仕事で、再び同じ白馬岳に向かうこととなりました。

再び白馬大雪渓へ・その1
登るコースは、やはり大雪渓から。
白馬尻のケルンのところでアイゼンを装着し、雪渓に取り付きます。

続きを読む

2012年07月22日 ガイド コメント:0

2012年07月19日

白馬岳を越えて下山。

白馬山荘ではぐっすりと寝てしまい、目が覚めた時は既に4時半過ぎ!
あわてて布団を飛び出して、山荘裏手の高台を目指しました。

白馬岳を越えて下山・その1
何とか間に合った御来光。
この後すぐに朝食をとって、出発です。

続きを読む

2012年07月19日 ガイド コメント:0

2012年07月18日

明るい白馬大雪渓。

猿倉荘で一夜を過ごした翌朝、さっそく白馬大雪渓を目指しました。
明るい白馬大雪渓・その1
白馬尻を経て、ケルンのある辺りでアイゼンを着用して大雪渓へ。
天気は良くて周囲は明るく、爽快な気分で雪渓を登り詰めていきます。

続きを読む

2012年07月18日 ガイド コメント:0

2012年07月17日

この夏初めての北アルプス。

海の日も過ぎて、いよいよ今年も夏山シーズン突入です。
まず最初は、地元山陰のお客様をご案内して、北アルプス・後立山連峰の白馬岳を目指すことになりました。

この夏初めての北アルプス
初日は丸々1日を使って、米子から登山口までの移動となりました。
宿泊先は猿倉荘。
白馬岳のメインコースである、大雪渓の登山口です。

2012年07月17日 ガイド コメント:0

2012年07月16日

高原気分が味わえる猫山。

少し思うところがあって、広島県北東部の猫山に行ってきました。

高原気分が味わえる猫山・その1
駐車場のある登山口からスタートし、スキー場の脇を登って右へ大きくトラバース。
その先の尾根に出てそれを直登すると、猫山の頂上に到着です。
木立に囲まれて展望はないのですが、この山の楽しさは、実はこの先にあるのでした。

続きを読む

2012年07月16日 その他の山々 コメント:0

2012年07月15日

湯原温泉の砂湯と雑誌『山と渓谷』の2012年8月号。

岡山県の湯原温泉を囲む山々の一つである、三坂山を南寄りから登ってみようと考えて、車を走らせて久世方面に向かいました。
ところが登山口に向かう道は細く、困ったことに道を塞ぐように軽トラックが路上駐車していたのです。
クラクションを鳴らしてもドライバー(たぶん地元のおじいちゃんでしょう)は現れず、止むを得ずアプローチ敗退(!)することに…。
昼前から時間が余ってしまったので、いずれ下見をしておきたいと思っていた、湯原温泉の砂湯に向かいました。

湯原温泉の砂湯・その1
砂湯というのは露天風呂番付で西の横綱と評される、料金無料で管理人もいない、本当に野趣溢れる川沿いの露天風呂です。
背後には大きな湯原ダムがそびえ立っていることでも知られています。

続きを読む

2012年07月15日 山の本や雑誌 コメント:2

2012年07月14日

見所の多い琴引山。

こんどはNHK文化センター米子教室の「つきイチ健康登山」で、中央中国山地の琴引山(ことびきさん・1013.4m)へ行ってきました。

見所の多い琴引山・その1
敷波登山口の鳥居を潜って登山道へ。
出だしは樹林の中の単調な道が続きます。

続きを読む

2012年07月14日 ガイド コメント:0

2012年07月12日

好天に恵まれた竜王山。

梅雨末期の大雨となる可能性のある状況でしたが、NHK文化センター米子教室の「ゆっくり歩く登山教室」で、広島県比婆山連峰の竜王山(りゅうおうざん・1255.8m)に行ってきました。

好天に恵まれた竜王山・その1
今回は本当に直前まで出発するかを迷ったのですが、出発時には雲は多いものの、時おり日も差す空模様となっていました。
登山口となる熊野神社の境内で、杉の巨木群に圧倒されながら、沢沿いの登山道を登っていきました。

続きを読む

2012年07月12日 ガイド コメント:0

2012年07月10日

パラグライダー飛ぶ大佐山。

しばらく名古屋を起点とした北日本の山々を巡るツアーに出ていましたが、そちらは一段落して(させて?)一旦米子に戻りました。
しかし夜行バスで米子に着いたその朝に、さっそく中央中国山地の大佐山(おおさやま・988.5m)へ。
NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」9月実施分の下見です。

パラグライダー飛ぶ大佐山・その1
新見市の刑部から、少々もの寂しさの感じられるアウトドア関連施設が点在する舗装路を車で走って、大佐山登山口に到着。
今回は正面登山道から頂上を目指し、南登山道から下るコースをたどってみることにしました。
ちなみに写真上部に写っているのはパラグライダーです。
この大佐山はパラグライダーのフライトエリアとして、広く知られている場所のようでした。

続きを読む

2012年07月10日 その他の山々 コメント:0

2012年07月08日

残雪豊富な月山。

山形県の日本百名山を目指すツアーの最終日は、月山(がっさん・1984m)に向かいました。

残雪豊富な月山・その1
八合目までバスで上がり、そこから歩き始めて間もなく現れた「なで兎」。
う~ん、けっこう巨大で、実際にこんな大きさのうさぎがいたとしても、飼うのはちょっと難しいかも???

続きを読む

2012年07月08日 ガイド コメント:0

2012年07月07日

鳥海山断念、羽黒山へ。

東北・山形県内の日本百名山3座を目指すツアーの2日目は、出羽富士としても知られる鳥海山(2,236m)を目指しました。

鳥海山断念、羽黒山へ・その1
今回のコースは、南面から登る湯ノ台道。
しかし出発時の天候は雨…。
予報でも天候回復は見込めないこともあって、河原宿まで行って大雪渓の様子を見るまでの行程とし、早々に下山をさせていただきました。

続きを読む

2012年07月07日 ガイド コメント:0

2012年07月06日

ガスに包まれた蔵王山。

名古屋市内の旅行会社からの依頼を受けた、北日本方面の仕事が続きます。
こんどのツアーは、東北・山形県内の日本百名山3座を目指すものでした。

ガスに包まれた蔵王山・その1
初日は名古屋から仙台へ移動し、そこから奥羽山脈の蔵王山(ざおうさん・1841m)へ。
まずは駐車場からすぐの刈田岳に向かいましたが、展望はまったくなし!
周囲はガスに包まれて、真っ白で何にも見えない状況でした。。

続きを読む

2012年07月06日 ガイド コメント:0

2012年07月02日

ニセコアンヌプリと空から見た山。

北海道の山を巡るツアーの最終日は、日本三百名山に選ばれているニセコアンヌプリ(1308.5m)を目指しました。

ニセコアンヌプリと空から見た山・その1
今回のコースは、西側の五色温泉から登るもの。
ニセコ野営場の駐車場の右手にある登山口から、山に入っていきました。

続きを読む

2012年07月02日 ガイド コメント:0

2012年07月01日

羊蹄山は九合目まで。

北海道の山を巡るツアーの2日目は、蝦夷富士として知られる羊蹄山(ようていざん・1898m)を目指しました。

羊蹄山は九合目まで・その1
4つの登山コースが拓かれている羊蹄山ですが、今回我々が目指したのは京極コース。
火山である羊蹄山の外輪山に立ってから、最高地点までの距離が短くて、風が強い日でも登りやすいと言われているコースです。
駐車場から歩き始めると、行く手にはすっきりとした姿の羊蹄山を望むことができました。

続きを読む

2012年07月01日 ガイド コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。