--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年05月24日

足場が安定してきた親指ピーク。

鳥取県立大山自然歴史館山岳情報調査で、川床から大休峠を経て、ユートピア方面に向かうコースを歩いてきました。

安定してきた親指ピーク・その1
大休峠からさらに野田ヶ山を越えた先から見た、大山方面。
大きな尾根の左奥が剣ヶ峰方面で、右が象ヶ鼻。
さらに右手に、ユートピア小屋も見えています。
ちょっと判りにくいですが、手前の小さな岩峰が親指ピークです。

続きを読む

スポンサーサイト

2012年05月24日 伯耆大山と周辺 コメント:0

2012年05月19日

高原ムードを満喫した道後山。

4月からNHK文化センター米子教室で新規開講した「つきイチ健康登山」の第2回目として、中央中国山地の道後山(どうごやま・1268.4m)に行ってきました。

高原ムードを満喫した道後山・その1
月見ヶ丘のお手洗いが壊れているとのことで、道後山山の家の前でトイレを済ませ、少しだけ車道を歩くようにして登山スタート。
駐車場をすぎると周囲は、美しいミズナラの新緑に包まれるようになりました。

続きを読む

2012年05月19日 ガイド コメント:0

2012年05月18日

大神宮原から泉山へ。

NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」で来月に登る予定の、東部中国山地の泉山(いずみがせん・1209.1m)の下見に行ってきました。

大神宮原から泉山へ・その1
泉山はたくさんのコースがある人気の山で、組み合わせに悩んだのですが、あまり時間がかからずに稜線に立てる、大神宮原からのものを選びました。
荒地になっている大神宮原左手の林道から山に向かい、今は土台しか残らない休憩舎の先の、壊れたゲートから登山道に入ります。

続きを読む

2012年05月18日 その他の山々 コメント:0

2012年05月17日

暑かった赤石山脈縦走。

銅山峰ヒュッテで一夜を過ごした翌朝は、いよいよ赤石山脈の縦走を目指して出発です。

暑かった赤石山脈縦走・その1
銅山峰ヒュッテから東山をかわすようにコルに上がり、そこから稜線を北東に進むと、間もなく尾根の左右に鮮やかなピンクの大振りの花が現れてきました。
アケボノツツジです!
満開、とはいかない様子でしたが、この先もあちこちで咲いていて、終始我々の目を楽しませてくれました。

続きを読む

2012年05月17日 ガイド コメント:0

2012年05月16日

銅山越から西山へ。

米子市内在住のお客様をご案内して、四国の赤石山脈へ縦走しに行ってきました。

銅山越から西山へ・その1
登りは旧別子の日浦登山口から。
別子銅山の遺跡が点在し、飽きることなく歩ける楽しいコースです。
少々気温が高い状態だったのですが、途中のダイヤモンド水で喉を潤しながら、快適に登っていきました。

続きを読む

2012年05月16日 ガイド コメント:0

2012年05月15日

強風の大山。

中国・四国地方の百名山3座を登るツアーの最終日は、私の地元である大山(だいせん・1729m)の弥山(みせん・1709.4m)を目指しました。

強風の大山・その1
コースとなる夏山登山道は、少し前まで残っていた雪もすっかりなくなり、新緑の季節を迎えていました。

続きを読む

2012年05月15日 ガイド コメント:0

2012年05月14日

のんびり登った剣山。

中国・四国地方の百名山3座を登るツアーの3日目は、四国第2の高峰である剣山(つるぎさん・1954.7m)に向かいました。

のんびり登った剣山・その1
宿泊先であるラ・フォーレつるぎ山からバスで10分ばかり移動し、剣神社の参道から登山スタート。
階段を登り詰めた境内から右手に進み、登山道に入っていきます。

続きを読む

2012年05月14日 ガイド コメント:0

2012年05月13日

明るく穏やかな石鎚山の天狗岳。

国民宿舎石鎚で一夜を過ごした翌朝は、明るく晴れ渡りました。

明るく穏やかな石鎚山の天狗岳・その1
宿の前で日の出を迎えると同時に、石鎚山(いしづちさん・1982m)を目指して出発です。

続きを読む

2012年05月13日 ガイド コメント:0

2012年05月12日

松山空港から土小屋へ。

東京の旅行会社からの依頼により、これまでも何度かやらせていただいている、中国・四国地方の百名山3座を登るツアーのガイドを担当することになりました。

松山空港から土小屋へ・その1
お客様との合流場所は、松山空港。
天気が良かったので屋上の送迎デッキに上がり、お客様の乗る飛行機が到着するまで、のんびりと待ちました。

続きを読む

2012年05月12日 ガイド コメント:0

2012年05月10日

牛臥山から海上山を経て板井原へ。

今日はNHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」の2012年第2回目の実施日。
先日下見をしてきた、鳥取県東部智頭町の、牛臥山(うしぶせやま・720.0m)から海上山(かいじょうさん・785.3m)を結ぶ縦走コースに行ってきました。

牛臥山から海上山を経て板井原へ・その1
登山口から“杉の町”として知られる智頭町を象徴するような杉林の中の急坂を登り、古峠を目指していきます。

続きを読む

2012年05月10日 ガイド コメント:0

2012年05月05日

明るい明神池。

北穂高岳(きたほだかだけ・3106m)に登頂して、徳沢キャンプ場で一夜を明かした翌日は、上高地へ下山。
少々時間に余裕があったので、梓川の右岸道経由で行ってみることにしました。

明るい明神池・その1
せっかくなので、入場料(いや参拝料か?)300円を払って、明神池にも立ち寄ってみました。
時々訪れる場所なのですが、仕事ではなくプライベートで来るのは久し振り。
じっくりと隅々まで歩き回って、様子をしっかりと確認しておきました。

続きを読む

2012年05月05日 その他の山々 コメント:0

2012年05月04日

雨に追われた北穂高岳。

北アルプス2日目は、いよいよ目的の北穂高岳(きたほだかだけ・3106m)登頂です。
当初は東稜から登ろうか?との案もあったのですが、天候が微妙ということもあって、無理のない北穂沢(残雪期の一般コース)からのピストンとしました。

雨に追われた北穂高岳・その1
起床は2時、3時55分にはヘッドランプを点してテントを出発!
天候が不安だったのですが、出発時には雲が切れ、星がまたたく状況に。
我々の前には、単独の方が1名登っているのみでした。

続きを読む

2012年05月04日 その他の山々 コメント:2

2012年05月03日

雪の涸沢へ。

このゴールデンウィークは、久し振りに北アルプスに向かいました。

雪の涸沢へ・その1
行き先は北穂高岳(きたほだかだけ・3106m)。
上高地バスターミナルを出発して河童橋から山を見ると、稜線は厚い雲に覆われていました。

続きを読む

2012年05月03日 その他の山々 コメント:0

2012年05月02日

美猫のパスちゃん。

このゴールデンウィークは、久し振りに雪の北アルプスへ向かうことに。
入山前夜は古くからの山仲間である、huascaranくんの家に泊めていただきました。
(huascaranくんの家は、北アルプスに間近い松本市内にあるのです)

美猫のパスちゃん・その1
ところでhuascaranくんは、昨年から子猫のパスちゃん飼っているのでした。
huascaranくん自身が“美猫”“可愛い”、さらには“男を狂わす女豹”“グラビアアイドル級”と、よく判らないくらい絶賛する可愛い子猫ちゃんです。

続きを読む

2012年05月02日 かわいい動物たち コメント:2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。