--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年04月29日

希少植物を訪ねて矢筈川源流へ。

鳥取県立大山自然歴史館館長のお供をして、希少植物の調査に出向いてきました。

希少植物を訪ねて矢筈川源流へ・その1
調査の行き先は勝田ヶ山(かつたがせん・1210m)、大山火山外輪山の、甲ヶ山(かぶとがせん・1338m)の北に並ぶピークです。
出発地となる船上山(せんじょうさん・615.4m)から長い尾根を淡々とたどり、勝田ヶ山手前の登山道のところどころでは残雪を踏みながら進んでいきました。

続きを読む

スポンサーサイト

2012年04月29日 伯耆大山と周辺 コメント:1

2012年04月28日

暑かった三瓶山。

旅行会社の仕事で、島根県中部の三瓶山(さんべさん・1125.9m)へ行ってきました。

暑かった三瓶山・その1
登山スタートは東の原から。
観光リフトは利用せず、左手の登山道を登ってまずは最初のピークである、大平山(おおひらやま・854m)へ。
正面には子三瓶山(こさんべさん・961m)、左手には孫三瓶山(まごさんべさん・903m)、そしてその2つのピークの間に見えているのは大江高山(おおえたかやま・808.8m)でしょう。
さらに写真の右手には、大きな男三瓶山(おさんべさん・1125.9m)もそびえていました。

続きを読む

2012年04月28日 ガイド コメント:1

2012年04月25日

幡屋三山周回。

少し考えるところがあって、島根県の宍道湖に近い幡屋三山に行ってきました。
西から丸倉山(まくらやま・372m)、大平山(おおひらやま・410m)、八重山(はちじゅうさん・407m)と連なる、低山というか、里山です。

幡屋三山周回・その1
玉造温泉から南に向かい、幡屋集落から幡屋川沿いの農道を登ると丸倉山の登山口の入り口。
(登山口はここから500mくらい入ったところ)
「眺望絶佳」との記述がありますが…ん~、どうかな?

続きを読む

2012年04月25日 その他の山々 コメント:1

2012年04月24日

イワウチワ満開の那岐山。

お客様をご案内して、東部中国山地の那岐山(なぎさん・1255m)に行ってきました。
この時期の那岐山と言えば、一番の見所はイワウチワのお花。
イワウチワが咲くのは北側斜面となるため、鳥取県智頭町からのコースをたどりました。
この春は雪融けが遅く、当初の予定日をずらして、様子を見ながらの実施となったのですが…。

イワウチワ満開の那岐山・その1
おおはた橋登山口から西仙コースの尾根コースに向かうと…期待通りの満開のイワウチワのお花が迎えてくれました!

続きを読む

2012年04月24日 ガイド コメント:0

2012年04月21日

六甲山・三ツ下谷。

週末2日間で遠出をする予定を立てていたのですが、日曜日は全国的に荒れた天気になる予報。
無理をせず、土曜日1日のみで登れる場所に変更することになりました。
行き先は残雪の大山山系でも良かったのですが、ここにきて暖かくなり、雪の量が中途半端に…。
そこで思い切って大きく視点を変えて、昨年8月以来となる久し振りの沢登りに出掛けることにしました。
場所はどうしようか悩んだのですが、近畿方面も少し様子を調べたい気分だったので、六甲山の三ツ下谷を選びました。
参考にしたのは、昔からの愛読書である『すぐ役立つ沢登り読本』という入門書兼ガイドブック。
この本の中で三ツ下谷は、
「自然を失いつつある六甲山の中にあって、この三ツ下谷は小粒ながらまだ自然の息吹を感じさせてくれる貴重な谷だ」
として紹介されており、ずっと気になっていたのです。

六甲山・三ツ下谷・その1
早朝、神戸電鉄有馬線の谷上駅前のコインパーキングに車を停めて、住宅地をウロウロしながら峠越えをし、丸山谷に架かる小橋を渡りました。
この少し先で、右岸から流れ込む沢が目的の三ツ下谷です。

続きを読む

2012年04月21日 沢登り コメント:2

2012年04月18日

日差しが明るい大休峠。

この春は中国山地の雪融けがなかなか進まず、春のお花を見に行くハイキングの仕事は、延期になったり中止になったり。
何だか中途半端に時間が余る状況となってしまいました…。
そんな中、岳獅会の仲間が大休峠に散策に出掛けるということで、急遽仲間に加えていただくことにしました。

日差しが明るい大休峠・その1
入山は川床の登山口から。
登山口からすぐの阿弥陀川に架かる橋は、昨年9月の台風12号で流されてしまったのですが、その後ただちに新しい橋が設置されています。
以前のものに比べると、ちょっと可愛らしい?橋ですが、造りはとてもしっかりしていて、安心して渡ることができました。

続きを読む

2012年04月18日 伯耆大山と周辺 コメント:0

2012年04月16日

残雪の美しい道後山。

NHK文化センター米子教室つきイチ健康登山」の来月実施分の下見で、鳥取県にごく近い、広島県北東部のどうごやま(どうごやま・1268.4m)に行ってきました。

残雪の美しい道後山・その1
月見ヶ丘の駐車場まで車で入り、まずは岩樋山(いわひやま・1271m)を目指します。
今年の春は中国山地の雪融けが遅く、まだ登山道のあちこちには、こんな感じで残雪が残っていました。

続きを読む

2012年04月16日 その他の山々 コメント:0

2012年04月14日

春真っ盛りの鼻高山。

NHK文化センター米子教室において、今月より新規開講する「つきイチ健康登山」の第1回目として、島根半島の出雲北山最高峰である鼻高山(はなたかせん・536.3m)に行ってきました。

春真っ盛りの鼻高山・その1
南北に数本の登山道が拓かれている鼻高山ですが、今回選んだコースは、出雲平野側の客垣谷を起点にした周回コース。
登りに用いた客垣谷コースは明るくて歩きやすい、初心者には適したコースです。
途中に点在する露岩には、この「ぼたもち岩」のように名前が付けられたものがあるのですが、少々強引かな?という感じも???

続きを読む

2012年04月14日 ガイド コメント:2

2012年04月13日

雪に覆われた岡山県立森林公園。

事情があってどうしても残雪量を調べたいと思い、開園前の岡山県立森林公園へ行ってきました。

雪に覆われた岡山県立森林公園・その1
これは遊歩道に入ってすぐの、湿地帯の辺り。
この手前がミズバショウが咲く場所ですが、かなり雪に覆われていて、開花はまだもう少し先(5月上旬頃かな?)のようでした。

続きを読む

2012年04月13日 その他の山々 コメント:0

2012年04月12日

出雲北山高尾山。

NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」の2012年度第1回目として、島根半島の出雲北山最西端に位置する高尾山(たかおさん・357.7m)に行ってきました。

出雲北山高尾山・その1
日御碕に近い登山口から、宇龍港へ続く峠を経てなだらかな山道を進むと、コンクリートの建物の残骸が現れてその先の小高い台座の上が高尾山の頂上となります。

続きを読む

2012年04月12日 ガイド コメント:0

2012年04月10日

海上山再訪。

来月実施予定の、NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」の下見で、鳥取県東部の海上山(かいじょうさん・785.3m)に行ってきました。
コースは山並みの北に位置する、板井原集落を起点とした「トレッキングルート・Aコース」。
1年半前の秋に歩いたものと完全に同じコースなのですが、この冬の雪の影響なども確認しておきたいと考え、再度歩くことにしました。

海上山再訪・その1
登山口から植林帯のジグザグ道を進むと、石仏の置かれた峠へ。
ここからは歩きやすい尾根道をたどって、最初のピークである牛臥山(うしぶせやま・720.0m)を目指します。

続きを読む

2012年04月10日 その他の山々 コメント:0

2012年04月09日

雪の腐った大山縦走路。

鳥取県山岳協会の活動として、急遽大山最高峰の剣ヶ峰(けんがみね・1729m)に向かうことになりました。
(すみませんが経緯の詳細は省きます)

雪の腐った大山縦走路・その1
弥山(みせん・1709.4)頂上から、剣ヶ峰に続く大山縦走路へ。
私は所用があったため、先行するメンバー3人を追いかけるような形となりました。

続きを読む

2012年04月09日 伯耆大山と周辺 コメント:0

2012年04月08日

展望素晴らしい三平山。

旅行会社のツアーの仕事で、岡山-鳥取県境の三平山(みひらやま・1009.8m)に行ってきました。

展望素晴らしい三平山・その1
蒜山高原と鳥取県江府町とを結ぶ内海乢から広域農道に入り、林道川上2号線の起点でバスを下車。
雪に覆われた車道を30分余り歩いて登山口に到着。
ここいら辺りは、雪は少なそうに見えました。

続きを読む

2012年04月08日 ガイド コメント:0

2012年04月07日

桜には早かった紫雲出山。

旅行会社のツアーの仕事で、香川県荘内半島の紫雲出山(しうでやま・352.4m)に行ってきました。
10日ばかり前に、様子を見に行ってきた海の間近な美しい山です。

桜には早かった紫雲出山・その1
大浜集落の中の、細い通りを過ぎてスズシロソウが満開となった登山道へ。
けれどもこの道は4月10日より、工事のために通行止めになるとのことでした。

続きを読む

2012年04月07日 ガイド コメント:0

2012年04月05日

この春2回目の雨乞山へ。

お客様をご案内して、この春2度目となる、岡山県湯原温泉の裏手の雨乞山(あまごいせん・889.3m)登山に向かいました。
(本来は島根県の大江高山に向かう予定だったのですが、こちらに変更しました)

この春2回目の雨乞山へ・その1
出だしは伐採斜面の中を、道標頼りに作業道を登っていきます。

続きを読む

2012年04月05日 ガイド コメント:0

2012年04月04日

高尾山と大波の日御碕。

翌週に実施予定のNHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」の下見で、島根半島最西端の高尾山(たかおさん・357.7m)に行ってきました。

高尾山と大波の日御碕・その1
県道29号を日御碕に向かい、中山のバス停手前で鷺浦に向かう道に入り、ループ橋を過ぎた先が高尾山の登山口。
人家の下と上の、2ヶ所登山口があるのですが、上のほうから山に入ってみることにしました。

続きを読む

2012年04月04日 その他の山々 コメント:0

2012年04月03日

強風の三平山へ。

日本列島大荒れの天気予報が出ていましたが、週末の仕事に備えてどうしても残雪量を確認したいと思い、大山南壁の展望台として知られる初級者向けの山・三平山(みひらやま・1009.8m)に行ってきました。

強風の三平山へ・その1
林道川上2号線は雪に覆われて車を入れることができず、内海乢からの広域農道脇に車を停めて、徒歩で三平山登山口へ。
そこからも雪を踏んで歩き、一番の問題点と思われる、沢筋横断地点に到着。
残雪期はブロック雪崩が発生するとされる箇所ですが、さすがにそこまでの残雪量ではありませんでした。
しかしやや急な雪の斜面を、20mばかりトラバースしなければならない状況。
まあ山に慣れた者ならば、どうということはないトラバースなのですが…仕事の当日はどうしようかな??

続きを読む

2012年04月03日 その他の山々 コメント:0

2012年04月02日

雑誌『山と渓谷』と『岳人』の2012年4月号。

またまた紹介が遅くなってしまいましたが、今月号の雑誌『山と渓谷』にも、1ページ記事を書かせていただいております。

雑誌『山と渓谷』の2012年4月号。
全国隠れ名山」という欄の4つ目、P224の那岐山(なぎさん・1255m)のコースガイドを、私が担当。
4月下旬にイワウチワの花が咲く、鳥取県側コースを取り上げたものです。
ぜひお手にとって、ご覧いただければと思います。

続きを読む

2012年04月02日 山の本や雑誌 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。