--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年02月27日

浅間神社参拝、その他。

地吹雪に見まわれた富士山(ふじさん・3775.6m)登頂の翌日は、風は強かったものの空はすっきりと晴れ渡っていました。

浅間神社参拝、その他・その1
お世話になった佐藤小屋を後にして、青空を見上げつつ下山。
晴天を狙って登ることができれば良いのでしょうが、前後にいろいろ予定があるため、なかなかそうもいきません。
まああんまり天候は良くなかったとはいえ、予定していた日に山頂に立てたのは、大変ラッキーと言えることだったと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

2012年02月27日 パワースポット コメント:0

2012年02月26日

地吹雪に見まわれた富士山。

諸般の事情により、厳冬期に登ることになった富士山(ふじさん・3775.6m)登山の2日目は、いよいよ登頂日です。

地吹雪に見まわれた富士山・その1
本当は佐藤小屋を5時に出る予定でしたが、その時点で五合目でも大変に風が強かったので1時間延期。
6時に出発し、六角堂を過ぎて六合目へ。
雪のない箇所は地面ではなく、完全に氷となっていました。

続きを読む

2012年02月26日 その他の山々 コメント:0

2012年02月25日

富士山の迷い犬。

経緯の詳細は省かせていただきますが、厳冬期の富士山(ふじさん・3775.6m)を目指すことになりました。

富士山の迷い犬・その1
車で都内を出発、中の茶屋の奥の馬返しまで進んで駐車。
そこから歩き始めます。
実は恥ずかしながら一合目から歩くのは初めての経験で、新鮮な気持ちで各合目に残る古い山小屋跡をたどりながら、宿泊先である佐藤小屋を目指しました。

続きを読む

2012年02月25日 かわいい動物たち コメント:2

2012年02月23日

季節はずれの大雨。

日本山岳ガイド協会主催の自然ガイド解説技術講習会2日目は、講師の上野真一郎さんによる、エコツアーの実践講義。
テーマは「霧ヶ峰高原の古道を歩く」。
今から80年ばかり前に、この山を歩いた登山家・田部重治の足跡をたどるという屋外実習です。

季節はずれの大雨・その1
しかし当日の朝は、なんと雨!
しかもかなりの豪雨です。。。
これまで何度も霧ヶ峰を訪れている上野さんも、2月に雨が降るというのは、初めてとのこと。
けれども今回は楽しみに来たのではなく、あくまでもガイド技術を学ぶための日であるため、強い雨の中を出発することになりました。

続きを読む

2012年02月23日 ガイド コメント:0

2012年02月22日

認識を改めた霧ヶ峰。

冬は、私の仕事においては比較的閑散期といえます。
この期間を利用して、今年も日本山岳ガイド協会主催の講習会に参加してきました。

認識を改めた霧ヶ峰・その1
今回受講したのは、自然ガイド解説技術講習会
昨年は顧客安全を確保するためのショートロープ研修会に参加したのですが、こんどは傾向を変えて、顧客満足度を高めるための講習会を選択しました。
実施場所は、長野県の霧ヶ峰(きりがみね・1925m)。
ビーナスラインという車道が山頂近くに通っていることもあり、正直言って、これまで一度も登ろうと考えたことのない山です。
いったい霧ヶ峰とはどんなところなのか??
少々不安を覚えつつも、上諏訪駅からタクシーに乗って、指定の宿泊先であるヒュッテジャヴェルへ向かうと…何だかヨーロピアン!な雰囲気の、良さ気な宿です。
これはちょっと良いところかも知れない…と、早くも霧ヶ峰に対する印象は改まってきました。

続きを読む

2012年02月22日 ガイド コメント:0

2012年02月18日

第50回海外登山技術研究会。

今年も鳥取県山岳協会の海外委員として、日本山岳協会国際委員会主催の、海外登山技術研究会に参加してきました。
通称“海登研”と呼ばれるこの研究会ですが、今年で実施50回目ということになるのだそうです。
改めて考えてみると、私が生まれる前から実施されていたのですね~。

第50回海外登山技術研究会
今回の内容はまず、「GIRI GIRI BOYSウルタルII峰登山隊2011」、「彩の国 マナスル登山隊2011」、「信高山岳会ヤズィックアグル峰登山隊」と、昨年実施された海外登山の中から選ばれた、3隊からの報告が行われました。
続いて沖允人さんによる「東部カラコルムとラダック、最近の登山」、および池田常道さんによる「2011年主な海外登山状況」という海外登山を取り巻く最新情報の報告。
そして最後に医療講演として、堀井昌子医師による「高所登山における医療」というテーマのお話しで締めくくられました。

ところで今回は会場の都合で開始が11時15分、終了が16時と時間が短く、また休憩もほとんどなくて少々慌ただしい感じもありました。
それでも山岳のエキスパートの皆さんのお話を聞くことのできる貴重な場であり、時間は短くても例年通りの手応えのある、良い研究会だったと思いました。

2012年02月18日 登山の話題 コメント:0

2012年02月17日

今月いっぱい外出です。

今から夜行バスで、東京へ向かいます。
帰宅は月末、29日朝の予定です。

今月いっぱい外出です。
ぽこともしばしの別れ、寂しいです!

上京中はバタバタするため、ブログ更新はできそうにありません。
次の更新はもしかしたら2週間後…くらいかな??
余裕があればツイッターで何か流しますので、よろしければそちらをご覧ください。

2012年02月17日 近況など コメント:0

2012年02月16日

風雪の宝仏山。

お客様をご案内して、鳥取県西部の宝仏山(ほうぶつさん・1005m)を登りに行ってきました。

風雪の宝仏山・その1
JR伯備線根雨駅前の日野町役場に車を停め(宝仏山登山者の指定駐車場となっています)、古いめかしさの残る根雨の街並みを歩いて、登山口へ。
出だしの小平までは、少し前に歩かれたトレースが残っており、それをたどって進みました。

続きを読む

2012年02月16日 その他の山々 コメント:0

2012年02月12日

真っ白な大山北壁。

西日本氷雪技術研修会2日目の朝、宿泊先で食事を済ませて集合場所に向かおうとしたところ、電話が…。
内容は、大山北壁で遭難発生のため、救助のサポートにあたってほしいとのこと。
同様の要請を受けた米子登攀倶楽部のNさんと一緒に、研修会を離れて急いで集合場所である大山寺交番へと向かいました。

真っ白な大山北壁・その1
朝のうちは多少は天気も良く、もしかしたらヘリコプターでのピックアップも可能か?とも思われたのですが、現場にはガスがかかって無理な状況。
詳細は省きますが、それでも要救助者を無事に平坦地まで下ろすことができて、そこからヘリコプターでのピックアップとなりました。

続きを読む

2012年02月12日 伯耆大山と周辺 コメント:8

2012年02月11日

2年ぶりの西日本氷雪技術研修会。

日本山岳協会による、平成23年度西日本氷雪技術研修会に参加してきました。
会場は地元である大山(だいせん・1729m)の登山口付近。
この氷雪技術研修会は昨年度は用事があって参加できなかったため、2年ぶりということになります。

2年ぶりの西日本氷雪技術研修会・その1
午前中の机上講習の後、午後は南光河原の奥の斜面に移動して、実技講習となりました。

続きを読む

2012年02月11日 登山の話題 コメント:0

2012年02月09日

寒かった王子ヶ岳。

NHK文化センター米子教室の「ゆっくり歩く登山教室」で岡山県玉野市の、王子ヶ岳(おうじがだけ・234.4m)に行ってきました。

寒かった王子ヶ岳・その1
雪降る山陰を抜けて、瀬戸内海までバスで向かうと天気は晴れ!
やっぱり「晴れの国おかやま」は違います。
昨年ほどではないものの、毎日の雪に苦しんでいる皆さんも、びっくりした様子?
登山は渋川港からスタートとしました。

続きを読む

2012年02月09日 ガイド コメント:0

2012年02月05日

天候の安定した夏山登山道。

お客様をご案内して、大山の夏山登山道へ行ってきました。

天候の安定した夏山登山道・その1
3日前までは大寒波で大雪となっていたため、ラッセルも覚悟していたのですが、我々が出発する頃にはバッチリとトレースが上まで続いていました。
順調に五合目を過ぎて、景色を楽しみながらどんどんと登っていきます。

続きを読む

2012年02月05日 ガイド コメント:3

2012年02月04日

厳冬期の毛無山へ。

しつこい寒波も一休み?の様子。
その寒波の合間を縫って、スノーシューを履いて毛無山(けなしやま・1218.4m)に登ってきました。
ちなみに中国山地には毛無山はたくさんありますが、今回登ったのは鳥取-岡山県境の、春のカタクリの花で人気がある毛無山です。

厳冬期の毛無山へ・その1
慎重に雪道を車で走り、田浪から登山スタート。
トレースはなく、先行パーティーがラッセルしながら進んでいる状況でした。
けれどもその先行は、急登を避けてか恐ろしげな雪面の下を進む、谷筋へ向かっていたのでした。
ちょっと我々はそのラインは歩く気がせず、右手の尾根を自分たちでラッセルして登ることにしました。

続きを読む

2012年02月04日 その他の山々 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。