--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年11月30日

西上州の落沢岳からしれいた山周回。

各種用事をこなすため、今年最後の上京。
滞在2日目は時間をとって、西上州の山を目指しました。

西上州の落沢岳からしれいた山周回・その1
登る山は大北野集落を起点に落沢岳(おちざわだけ・790m)から、しれいた山(しれいたやま・641m)を結ぶ周回コース。
登る人の少ない、地図にもコースの記されていない山ですが、山麓の下仁田の街からは比較的良く目立ちます。
写真右のピークが落沢岳で、左がしれいた山です。

続きを読む

スポンサーサイト

2011年11月30日 その他の山々 コメント:0

2011年11月24日

寒かった!石見銀山の仙ノ山。

米子市や境港市のお客様をご案内して、石見銀山へ山登りに行ってきました。

寒かった!石見銀山の仙ノ山・その1
スタートは石見銀山世界遺産センターから。
建物右手から急な階段を下り、五百羅漢前を通って柵内に向かい、史跡を案内しながら(けっこう勉強しました!)奥へ向かいます。
写真は江戸幕府の初代銀山奉行・大久保長安の逆修墓。
(逆修墓とは死後の往生を願って、あらかじめ生前に仏事を行なって建てる墓のことです)
この人は手腕を奮って銀山の繁栄をもたらしたのですが、巨額の不正蓄財だとか、ポルトガル人と結託して倒幕計画を練ったとか、黒い噂もいろいろあったとのこと。
本人が亡くなった後の一族は徳川家康により、全員断罪に処せられたのだそうです。。

続きを読む

2011年11月24日 ガイド コメント:0

2011年11月22日

京羅木山から星上山縦走。

来月実施するNHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」の下見で、島根県東部の里山2座を結ぶ縦走に行ってきました。

京羅木山から星上山縦走・その1
上意東研修センターおちらと村に車を停めさせていただき、登山開始。
山道を少し歩き、キャンプ場ともなっている富士ヶ瀬公園の敷地を過ぎて、右手の小道へ。
すると沼が現れて、その先に金刀比羅神社に続く階段が現れました。

続きを読む

2011年11月22日 その他の山々 コメント:2

2011年11月20日

晩秋の那岐山。

お客様をご案内しての登山の3日目は、鳥取―岡山県境の、那岐山(なぎさん・1255m)へ向かいました。

晩秋の那岐山・その1
今回の移動は小型のバスだったので、第三駐車場まで送っていただき、そこから登山スタート。
Bコースを右手に見送って、Cコースを登って行きます。
終わりに近づいたススキの穂が、晩秋の雰囲気を漂わせていました。

続きを読む

2011年11月20日 ガイド コメント:0

2011年11月19日

雨の氷ノ山。

扇ノ山(おおぎのせん・1309.9m)を登った翌日は、同じお客様をご案内して氷ノ山(ひょうのせん・1509.6m)に向かいました。

雨の氷ノ山・その1
コースは先日確認をしておいた、仙谷登山道
出発時から雨が降りしきり、雨具を着用しての行動です。

続きを読む

2011年11月19日 ガイド コメント:0

2011年11月18日

こんどは仕事で扇ノ山へ。

扇ノ山(おおぎのせん・1309.9m)を登った翌々日、こんどは仕事で再び扇ノ山を登ることになりました。

こんどは仕事で扇ノ山へ・その1
早朝自宅を車で出発、岡山空港でお客様と合流。
バスに乗って八東ふる里の森まで移動し、さっそく登山開始です。

続きを読む

2011年11月18日 ガイド コメント:0

2011年11月16日

扇ノ山と白兎神社。

鳥取県東部登山3日目は、やはり旅行会社よりガイドの依頼を受けている、扇ノ山(おおぎのせん・1309.9m)の登山道の様子を確認してきました。

扇ノ山と白兎神社・その1
キャンプ場施設である八東ふる里の森やや下の駐車場に車を停めて、登山のスタート。
しばらくは舗装されていない林道の歩きが続きます。

続きを読む

2011年11月16日 その他の山々 コメント:0

2011年11月15日

みぞれに降られた氷ノ山。

鳥取県東部を巡る登山の2日目は、4日後に旅行会社よりガイドの依頼を受けている氷ノ山(ひょうのせん・1509.6m)の下見に行ってきました。
指定のコースである仙谷登山道を歩いたことがなかったため、その確認です。

みぞれに降られた氷ノ山・その1
仙谷登山道は、わかさ氷ノ山スキー場左奥のアルパインコースが登山口となります。
そちらの方へ向かって歩いて行くと、何とスキー場で大根が干されていました。
この少し先のスキー場の一角は畑として活用されており、土地を季節によって有効活用している?様子が伺われました。

続きを読む

2011年11月15日 その他の山々 コメント:0

2011年11月14日

車道を歩いて登った霊石山。

比較的馴染みの薄い鳥取県東部の山々について確認したいと思い、3日間の日程をとって鳥取市方面へ向かいました。
初日は出発が遅くなり、お昼を過ぎてからの登山となるため、無理なく登れそうな霊石山(れいせきざん・334m)へ。
鳥取市と八頭町の境にある山で、初めて登るところです。

車道を歩いて登った霊石山・その1
登山口を探してウロウロし、やっと標識を発見。
標高300m余りの低山ですが、けっこう登りがいのありそうな山かな…この時はそう思いました。

続きを読む

2011年11月14日 その他の山々 コメント:2

2011年11月13日

岡山の甲岩。

調べたいことがあったので、岡山在住の山仲間であるmurasuzumeさんに案内してもらい、岡山県赤磐市の甲岩という岩場に行ってきました。
岡山市からもほど近い、岡山の皆さんには愛されている岩場です。

岡山の甲岩・その1
これは上の岩場を見上げたところ。
岡山の皆さんは、「小さな岩場」と控えめに評していますが、高差は40mはあり、関東でいえば広沢寺と同程度です。
たぶん東京近郊にあったとしたら、大人気でロープが簾のように下がる岩場になったことでしょう。

続きを読む

2011年11月13日 クライミング コメント:0

2011年11月11日

秋も終わりの岡山県立森林公園へ。

今年の初夏の頃に歩いて、秋の景色もきれいだろうと思っていた岡山県立森林公園に足を運んできました。

秋も終わりの岡山県立森林公園へ・その1
管理センターに立ち寄ってから中央園路を歩いて登山道方面へ。
この日は雨の予報だったのですが、思いのほか良い天候で出発時から青空が見えていました。

続きを読む

2011年11月11日 その他の山々 コメント:0

2011年11月10日

肌寒さも感じた角ヶ仙。

NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」で、岡山県北部に位置する中国山地の角ヶ仙(つのがせん・1152.7m)へ行ってきました。

肌寒さも感じた角ヶ仙・その1
角ヶ仙の登山口は、7年前に廃業した越畑キャンプ場の中にあります。
しかしこのキャンプ場へ続く車道は、今年9月の台風12号の影響でズタズタに!
舗装路のあちこちが、この写真のように陥没した状態となっていました。
この道が今後、修復されるとは考えにくいので、これから角ヶ仙に登る場合は、1.3km先の車道から歩くのが一般的になるのでしょう。
(我々もそこから15分ばかり歩いて登山口に向かいました)

続きを読む

2011年11月10日 ガイド コメント:0

2011年11月08日

古事記の舞台であった山々へ。

比婆山連峰登山2日目は、大膳原野営場の休憩所を後にして、まずは吾妻山(あづまやま・1238.8m)へと登りました。
今年は8月9月にそれぞれ1度ずつ山頂に立っているので、これで3回目ということになります。

古事記の舞台であった山々へ・その1
ところで今回訪ねた比婆山連峰は、古事記(日本神話)の舞台であったことでも知られています。
この吾妻山山頂も、伊邪那岐命が比婆山頂の御陵に眠る伊邪那美命に向かって、
「吾が妻よ…」
と呼んだという言い伝えが残っている場所なのです。
しかし…今回はガスのため、視界はまったくなし。
その比婆山(御陵)を望むことはできませんでした。
残念!です。。

続きを読む

2011年11月08日 その他の山々 コメント:0

2011年11月07日

晩秋の比婆山連峰へ。

少し思うところがあって、一人晩秋の比婆山連峰を歩きに行ってきました。

晩秋の比婆山連峰へ・その1
県民の森公園センターに車を停めて、車道を少し下って牛曳山(うしびきやま・1144m)登山口へ。
少し登ると、赤い葉を少し残した美しいシラカバ林の中を進む区間がありました。

続きを読む

2011年11月07日 その他の山々 コメント:0

2011年11月06日

第25回『海外の山を知ろう!!』。

こんどの木曜日(2011年11月10日)に実施される、東京都山岳連盟海外委員会による、海外登山研究会のご案内です。

第25回『海外の山を知ろう!!』

講師は山岳同人チーム84、および海外溯行同人の木下紀彦氏。
きのぽんの愛称で知られる、悪場好き(?)の異色クライマーです。
各地の岩壁や大渓谷を巡り歩いている木下氏ですが、今回は雑誌『山と渓谷』2011年9月号において、カラー6ページで取り上げられた、台湾の大崙渓(タールンシー)という沢を中心に報告していただく予定です。
平日夜の実施で参加費も安く、ちょっと不便な場所ですがそれでも新宿からほど近い場所が会場ですので、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。
よろしくお願いします。
(私は米子にいるの日なので、残念ながら行くことはできません)

参考リンク(木下紀彦氏のブログ):
セルフビレイ

Amazonへのリンク:
山と渓谷 2011年 09月号 [雑誌]

2011年11月06日 登山の話題 コメント:0

2011年11月05日

「ナチュラルリース & デジタルアート Takako & Reiko姉妹展 Vol.3」のご案内。

今年も鳥取県立大山自然歴史館において、「ナチュラルリース & デジタルアート Takako & Reiko姉妹展」が開催されています。
昨年、一昨年に続いてこれが3回目となります。

ナチュラルリース & デジタルアート Takako & Reiko姉妹展 Vol.3・その1
すでにおととい文化の日から開催中で、最終は11月13日(日)までとなります。

続きを読む

2011年11月05日 旅行・観光 コメント:0

2011年11月02日

大山滝から紅葉の大休峠を経て川床へ。

鳥取県立大山自然歴史館山岳情報調査の仕事で、大山道の一つ、大休峠を越える川床道に行ってきました。
今年度最後の山岳情報調査です。

大山滝から紅葉の大休峠を経て川床へ・その1
コースは一向平から川床へ向かうコースを辿りました。
キャンプ場から急な階段を下って吊り橋を渡り、沢沿いの道を進んで大山滝へ。
9月初めの台風12号の影響で、釜が埋まってしまったのですが、その分、下が砂浜みたくなって散策しやすくなったかも?
下まで降りて、滝を見上げている登山者、カメラマンの方々が大勢いました。

続きを読む

2011年11月02日 伯耆大山と周辺 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。