--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年08月28日

御来光を見て下山。

富士山(ふじさん・3775.6m)登山3日目の朝は、空には重い雲が立ち込めていました。

御来光を見て下山・その1
それでも東の空では、上の重い雲と下の地面を覆う雲との間に少しだけ隙間が空いて、辛うじて御来光を拝むことができました!

続きを読む

スポンサーサイト

2011年08月28日 ガイド コメント:0

2011年08月27日

雨に降られた富士山頂。

愛媛県のお客様をご案内しての富士山(ふじさん・3775.6m)二日目の朝は、晴れ!

雨に降られた富士山頂・その1
行き交う登山者も多く、やっと夏の富士山らしい雰囲気を感じ取ることができました。
東の空に、新月前の細い月も登っていい感じ!です。

続きを読む

2011年08月27日 ガイド コメント:0

2011年08月26日

今年2度目の富士登山。

2日前に富士山(ふじさん・3775.6m)から帰ったばかりですが、再び仕事で富士山に向かうことになりました。
こんどは旅行会社から依頼されたツアーで、愛媛県のお客様をご案内してやはり富士宮口から頂上を目指します。

今年2度目の富士登山・その1
添乗員のお姉さんがバスにぶら下げた、可愛らしいてるてる坊主。
せっかく四国からここまで来たのですから、ぜひとも晴天を期待したいところです。

続きを読む

2011年08月26日 ガイド コメント:0

2011年08月24日

雑誌『山と渓谷』と『岳人』の2011年9月号。

発売から少々日が経ってしまいましたが、今月の山の雑誌にも記事を書かせていただいたので、ご案内させてください。

雑誌『山と渓谷』2011年7月号
まずは『山と渓谷』9月号。
表紙の左下に「[特別企画]地域研究スペシャル版伯耆大山」とありますが、これのコースガイド6ページ文と、全図の校閲およびガイダンスページの写真提供をさせていただきました。
その他、鳥取県立大山自然歴史館の谷田貝繁明館長による紹介文など、総ページ数は16ページ。
雑誌誌上において、これだけまとまった大山の記事が掲載されるのは、多分初めてだろうとのこと。
5年前、右も左も何にも解らなかった私が(元々東北出身のもので、今でも西日本には疎いのです)、こういう記事を書かせていただくというのは少々僭越な感もありますが、まあいろいろな巡り合わせということでお許しいただければと思います。
なかなか自分自身では良し悪しの判断がつかないのですが、大山に興味のある方はぜひ目を通していただければと思います。

続きを読む

2011年08月24日 山の本や雑誌 コメント:0

2011年08月23日

暴風雨の中を下山。

天候回復を期待した、富士山(ふじさん・3776.5m)登山3日目の朝は…

暴風雨の中を下山・その1
何と暴風雨!…というのは少々大げさかもしれませんが、それでもかなりの強さの雨風の空模様。。
朝食後、今回は残念ながらここから下山することを決定させていただきました。

続きを読む

2011年08月23日 ガイド コメント:0

2011年08月22日

濃いガスの中を富士山九合目へ。

富士宮口から目指す富士山(ふじさん・3775.6m)の二日目は、朝起きると豪雨!
宿泊した雲海荘のテレビで確認すると、富士山南西部には大雨警報が発令中でした。

濃いガスの中を富士山九合目へ・その1
本来は水はけの良い富士山なのですが、これだけの雨だと、小屋の前にも水たまりができてしまうのでした。

続きを読む

2011年08月22日 ガイド コメント:0

2011年08月21日

今年も富士山へ。

鳥取・島根のお客様をご案内して、今年も富士山(ふじさん・3775.6m)を目指すことになりました。
コースは富士宮口、富士山の4つある登山道の中では、最も登りやすいといえる道でしょう。

今年も富士山へ・その1
富士山スカイラインに入る少し手前、西臼塚駐車場で小休止。
ここは本当は富士山の展望の良い場所なのですが、周囲はガスに包まれ、残念ながらその姿を望むことはできませんでした。

続きを読む

2011年08月21日 ガイド コメント:0

2011年08月19日

明るく楽しい吾妻山。

来月実施するNHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」の下見で、比婆山系の吾妻山(あずまやま・1239m)に行ってきました。

明るく楽しい吾妻山・その1
起点となる、休暇村吾妻山ロッジの裏手にある池ノ原の原池。
しばらく前まで牧草地だったという草原が背後に広がり、明るい爽快な景観です。

続きを読む

2011年08月19日 その他の山々 コメント:0

2011年08月17日

易老渡に下山。

長かった縦走も最終日、易老渡に下山することになりました。

易老渡に下山
この日は朝からガスがかかり、展望はいま一つの状況。
(樹林の中なので、晴れていてもそんなに景色は見えないのですが)
それでも南アルプスらしい幻想的な原生林の中を下り、無事に登山終了となりました。

2011年08月17日 ガイド コメント:0

2011年08月16日

茶臼岳を経て光岳、光石。

茶臼小屋で一夜を明かした翌日は、茶臼岳(ちゃうすだけ・2604m)を経て光岳小屋に入り、光岳(てかりだけ・2591.1m)を往復するという行程です。

茶臼岳を経て光岳、光石・その1
茶臼小屋での夜明け。
この写真右寄りに、うっすらと富士山(ふじさん・3776m)の姿が見えているのですが、分かりますでしょうか?

続きを読む

2011年08月16日 ガイド コメント:0

2011年08月15日

上河内岳を経て茶臼小屋へ。

聖岳(ひじりだけ・3013m)を登った翌日は、茶臼小屋まで進む行程。
ゆっくり歩いても半日コースです。

上河内岳を経て茶臼小屋へ・その1
2泊を過ごした聖平小屋を後にして、南岳(みなみだけ・2702m)の登りに差し掛かると、背後には大きな聖岳の姿を望むことができました。

続きを読む

2011年08月15日 ガイド コメント:0

2011年08月14日

前聖岳と奥聖岳。

今回の南アルプス縦走は、聖岳(ひじりだけ・3013m)から光岳(てかりだけ・2591.1m)をゆっくり歩くプラン。
そういう訳で聖平小屋に入った翌日は、聖岳山頂を往復するのみという、贅沢な時間配分となりました。

前聖岳と奥聖岳・その1
朝食後、朝日の中を聖岳山頂目指してスタート。
薊畑付近では、鹿に食べられてしまってアザミはごく僅か。
代わりにマルバダケブキが一面に咲いている箇所がありました。

続きを読む

2011年08月14日 ガイド コメント:0

2011年08月13日

トリカブト咲く聖平へ。

またまた仕事で南アルプス行きです。
今回はまずは椹島に入り、次の日から聖岳(ひじりだけ・3013m)から光岳(てかりだけ・2591.1m)を目指す縦走へ。
つい先日登ったコースを、概ね逆にたどるものです。

トリカブト咲く聖平へ・その1
初日の椹島入りは、いろいろあって夕方となってしまいました。
明けた翌日、聖岳登山口に向かう送迎バスに乗るまで時間があったため、椹島敷地内の井川山神社にお参りをしておきました。

続きを読む

2011年08月13日 ガイド コメント:0

2011年08月10日

白樺沢支流ケサ丸沢。

ツアー登山のガイドの仕事が続く毎日ですが、その合間に久し振りに谷川連峰の沢を登ってきました。
2009年9月に湯檜曽川支流の高倉沢右俣を登って以来、ほぼ2年ぶりとなる谷川での沢登りです。

白樺沢支流ケサ丸沢・その1
今回の同行者は、立川山岳会のKさん。
10年前の2月に八ヶ岳東面の権現岳東稜を一緒に登って以来、今でも時間が合えば時々同行していただく、信頼できるパートナーです。
土合駅で仮眠した後、湯檜曽川沿いの新道を進んで西黒沢、マチガ沢、一ノ倉沢、幽ノ沢、芝倉沢、武能沢と次々と渡り、その先で踏み跡をたどり、魚止ノ滝の上で湯檜曽川へ。
そしてこの少し先、右岸から流れ込むのが白樺沢です。

続きを読む

2011年08月10日 沢登り コメント:2

2011年08月08日

西沢渡へと下山。

聖岳(ひじりだけ・3013m)を登った翌日は、いよいよ下山です。

西沢渡へと下山・その1
朝の聖平の様子。
ガスがかかって、ちょっとだけ幻想的な雰囲気でした。

続きを読む

2011年08月08日 ガイド コメント:0

2011年08月07日

急いで登った聖岳。

南アルプスの光岳(てかりだけ・2591.1)から聖岳(ひじりだけ・3013m)を目指す山行の4日目は、いよいよ聖岳に登頂する日です。

急いで登った聖岳・その1
茶臼小屋を出発して稜線までの息が切れる急坂を登る途中、ふと見上げるとホシガラスが間近の木に止まっていました。
ライチョウほどの愛くるしさはないですが、それでも普通のカラスにはない愛嬌のある、可愛い山の鳥です。

続きを読む

2011年08月07日 ガイド コメント:0

2011年08月06日

イザルヶ岳、仁田岳、茶臼岳。

南アルプスの光岳(てかりだけ・2591.1m)に登った翌日は、茶臼小屋への移動日です。

イザルヶ岳、仁田岳、茶臼岳・その1
光岳小屋で一夜を明かし、まだ暗いうちに外に出ると、富士山(ふじさん・3776m)をシルエットにした朝焼け空が広がっていました。

続きを読む

2011年08月06日 ガイド コメント:2

2011年08月05日

光岳と光石。

この夏2度目の南アルプスの2日目は、早朝に下栗の里から易老渡へとタクシーで移動しました。

光岳と光石・その1
易老渡登山口にかかる橋。
これを渡って、急登にとりかかります。
ちなみにここで、私はヒルに吸い付かれそうになりました。
何度も訪れている易老渡ですが、ヒルを目撃したのは初めてです。
(少し上の便ヶ島では毎回数匹のヒルを見ています)

続きを読む

2011年08月05日 ガイド コメント:0

2011年08月04日

今年も下栗の里へ。

南アルプスから帰ってきたと思ったら、また仕事で南アルプスです。
こんどは光岳(てかりだけ・2591.1m)から聖岳(ひじりだけ・3013m)の縦走で、日本アルプスの中でも私が得意とするエリアの一つです。

今年も下栗の里へ・その1
入山口は易老渡、登山前日はその付近に位置する下栗の里の民宿みやしたに宿泊。
これで3年連続で訪れたことになります。

続きを読む

2011年08月04日 ガイド コメント:0

2011年08月02日

赤石小屋から下山。

荒川三山から赤石岳をつなぐ縦走登山も5日目、いよいよ下山日となりました。

赤石小屋から下山・その1
赤石小屋での朝食後、大倉尾根へ。
始めのほうで急下降もありますが、樹林の中の歩きやすい道です。

続きを読む

2011年08月02日 ガイド コメント:0

2011年08月01日

赤石岳を登って赤石小屋へ。

南アルプス縦走の4日目、やっと晴れ渡った空が頭上に広がりました。

赤石岳を登って赤石小屋へ・その1
荒川小屋から見た夜明け前の空。
ほとんど快晴です!

続きを読む

2011年08月01日 ガイド コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。