--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年07月31日

荒川三山縦走。

南アルプス3日目の朝を迎えました。

荒川三山縦走・その1
天気は雲は多いものの、まずまずといった感じ。
前夜は豪雨で大変に心配したのですが、とりあえず出発時に雨粒が落ちることはなさそうな様子でした。

続きを読む

スポンサーサイト

2011年07月31日 ガイド コメント:1

2011年07月30日

蕨段コースから千枚仮設小屋へ。

ひっそりとした椹島ロッジに宿泊した翌朝、千枚小屋を目指して出発しました。

蕨段コースから千枚仮設小屋へ・その1
井川山神社から林道に上って、その先のこの滝見橋の左手前から登山道に入ります。

続きを読む

2011年07月30日 ガイド コメント:0

2011年07月29日

畑薙第一ダムから椹島へ。

旅行会社の仕事で、こんどは南アルプスへ向かうことになりました。

畑薙第一ダムから椹島へ・その1
今回の目標は、悪沢岳(わるさわだけ・3141m)から赤石岳(あかいしだけ・3120.1m)への縦走、1986年に浩宮(現在の皇太子)が歩いた、通称プリンスルートです。
起点となる椹島への道は、先日の台風6号で道が一部崩落したため、夏期臨時駐車場から畑薙第一ダムまで、歩くこととなりました。
その崩落現場では復旧作業が行われていましたが、まだまだ完全復旧には時間がかかりそうに見受けられました。

続きを読む

2011年07月29日 ガイド コメント:0

2011年07月27日

鶴川の支流から権現山へ。

東京滞在が続いています。
ガイドの仕事が入っていない日も、別業務があってなかなか体が自由にならなかったのですが、やっと1日だけ時間ができたので、久し振りに沢登りに行くことにしました。
目指したのは相模川水系鶴川の支流尾名手川。
水量が多いことで近年注目されている、奥多摩や大菩薩連嶺の南寄りに突き上げる沢です。

鶴川の支流から権現山へ・その1
JR中央線上野原駅からバスに乗って、初戸という集落へ。
ここからさらに40分歩いて腰掛集落から沢に入るのですが、歩き始めにこんな看板が!
魚釣りをする方は要注意です。。

続きを読む

2011年07月27日 沢登り コメント:1

2011年07月24日

息が苦しかった地獄谷。

北アルプスの大日三山を目指す登山の3日目は、本来は大日小屋から下って称名滝を目指す予定でしたが、道の状態が悪いとのことで室堂へ引き返すことになりました。
(ツアー登山のような大勢でなければ、まあまあ通過可能なようでした)

息が苦しかった地獄谷・その1
朝食時はガス濃く、風も強かったのですが、出発時には視界が広がり、小屋の前から凛々しい剣岳(つるぎだけ・2999m)の姿を望むことができました。

続きを読む

2011年07月24日 ガイド コメント:0

2011年07月23日

奥大日岳から大日岳縦走。

室堂の雷鳥荘で一夜を過ごした翌朝は、いよいよ北アルプスの西に派生する縦走路である、奥大日岳(おくだいにちだけ・2605.9m)から大日岳(だいにちだけ・2501m)の稜線を目指すことになりました。

奥大日岳から大日岳縦走・その1
朝からすっきりと晴れ渡り、雷鳥荘前からは奥大日岳の姿を望むことができました。

続きを読む

2011年07月23日 ガイド コメント:0

2011年07月22日

久しぶりの室堂へ。

昨年は訪れる機会のなかった室堂へ、旅行会社の仕事により、約2年ぶりにやってきました。

久しぶりの室堂へ・その1
相変わらず賑やかな室堂の様子。
ちなみに今回は黒部立山アルペンルートではなく、富山方面から貸切バスで直接室堂入りしたので楽ちんでした。

続きを読む

2011年07月22日 ガイド コメント:0

2011年07月21日

雑誌3冊。

近頃書店で目についた雑誌を3冊、ご紹介します。

雑誌3冊・その1
まずは『ランドネ』、女性向けの登山雑誌です。
表紙モデルは華恵さん。
背後に写っているのは…米子市だ!
ということで、先に実施された大山でのSEA TO SUMMIT参戦記が掲載されています。

続きを読む

2011年07月21日 山の本や雑誌 コメント:0

2011年07月16日

炎天下に登った那岐山。

NHK文化センター米子教室の、こんどは「山とパワースポット」第4回目で岡山県奈義町の那岐山(なぎさん・1255m)へ行ってきました。

炎天下に登った那岐山・その1
バスの都合で、第2駐車場から舗装路を歩いて登山スタート。
おととい同様に朝から気温は高く、やはり炎天下の登山となりました。

続きを読む

2011年07月16日 ガイド コメント:0

2011年07月14日

炎天下に登った琴引山。

今年度第4回目のNHK文化センター米子教室の「ゆっくり歩く登山教室」で、中部中国山地の琴引山(ことびきさん・1013.4m)へ行ってきました。
しかし中国地方はすでに梅雨が明けており、夏真っ盛りの炎天下の状況となっていました。

炎天下に登った琴引山・その1
敷波登山口の猛烈なヤブを潜って、植林帯に続く小道へ。
ここら辺は日陰になって、歩きやすい感じでした。

続きを読む

2011年07月14日 ガイド コメント:2

2011年07月12日

子猫は元気でした。

今年の夏山シーズン第1回目の上京(出稼ぎ)は、17日間。
その間、5月末から我が家にやって来た子猫のぴいがどうしているか、ずっと気がかりでした。

ぴいは元気でした
しかし久し振りに帰宅して再会すると、とっても元気な様子。
ぽことも相性が良いみたいで、一緒になって遊んでいました。

2011年07月12日 うさぎ コメント:0

2011年07月11日

樽前山、その他。

北海道3日目(最終日)は、少しだけでも山に登ろうということになり、支笏湖畔の樽前山(たるまえさん・1041m)へ向かいました。

樽前山・その1
林道から七合目まで車で入り、そこから登山スタートです。

続きを読む

2011年07月11日 ガイド コメント:0

2011年07月10日

富良野のファーム富田。

今回、北海道へ向かった理由は、お客様をご案内して日高山脈最高峰の幌尻岳(ぽろしりだけ・2053m)を登ることでした。
日高は精通しているとはまったく言えない山域ですが、現在幌尻岳を登るのに一般的にたどられる額平川のコースでは、渡渉を20回近く繰り返す必要があります。
私はこれまでの沢登り経験を買われて(少なくとも100本以上は登っています)、渡渉時のサポートを中心としたお客様の安全確保をするということで、今回は同行させていただくことになりました。
メインのガイドは北海道の経験豊富であり、幌尻岳も7回登っている方です。

ということでとよぬか山荘朝3時発のシャトルバスに乗り込み、額平川を目指したのですが…途中から激しい雨が降り始めたのです。。
シャトルバスの運転手さんと、額平川を抜けた先の山小屋・幌尻山荘の支配人の方との無線での相談により、本日の山行は認められない、とのこと。
…困ってしまいましたが、やむを得ません。
今回は潔く諦めて、観光へと切り替えることになりました。

富良野のファーム富田・その1
ということで向かったのが、道央有数の観光地である富良野。
中でも一番人気の、ファーム富田へ。
色とりどりの花が咲き誇り、アドバルーンみたいなのも上がっていて、何やら楽しそうな雰囲気です。

続きを読む

2011年07月10日 旅行・観光 コメント:0

2011年07月09日

二部谷訪問。

仕事で3日間、北海道へ行くことになりました。

二部谷訪問・その1
初日は移動日、少し時間に予定があったため、日高山麓の二風谷に立ち寄ることになりました。
アイヌの聖地とされていたものの、ダム建設によって大きな影響を被った場所です。

続きを読む

2011年07月09日 旅行・観光 コメント:0

2011年07月06日

コマクサと湯釜の草津白根山。

旅行会社の仕事が続きます。
今度は群馬の草津白根山(くさつしらねさん)にお客様をご案内してきました。

コマクサと湯釜の草津白根山・その1
スタートは本白根スキー場から。
リフトの右手につけられた登山道を登っていきます。

続きを読む

2011年07月06日 ガイド コメント:0

2011年07月03日

権現岳から赤岳縦走。

八ヶ岳縦走の二日目は、まだ少し暗い4時40分に青年小屋を出発して赤岳(あかだけ・2899.2m)を目指しました。

権現岳から赤岳縦走・その1
朝早くから連続する鎖場を突破して、たどり着いた権現小屋。
このすぐ上が権現岳(ごんげんだけ・2715m)なのですが、狭い頂上でバタバタしてしまい、頂上写真は撮らずに降りてしまいました。

続きを読む

2011年07月03日 ガイド コメント:0

2011年07月02日

遠い飲み屋へ。

旅行会社の仕事で、八ヶ岳南部の縦走コースへお客様をご案内することになりました。

遠い飲み屋へ・その1
スタートは富士見高原の不動清水から。
2年前のちょうど今頃、やはり八ヶ岳の西岳(にしだけ・2398m)へお客様をご案内した時と同じ登山口です。

続きを読む

2011年07月02日 ガイド コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。