--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年06月30日

日本人とヒマラヤ登山―これからを考える。

東京都山岳連盟・海外委員会主催の海外登山研究会「第25回 海外の山を知ろう!!」が実施されました。

日本人とヒマラヤ登山―これからを考える
講師は日本ヒマラヤ協会顧問の山森欣一さん。
通算25回のヒマラヤ遠征の経験を持ち、唐沢岳幕岩山嶺第一ルートの初登者でもある経験豊富な登山家、山の世界のご意見番です。
お話の内容は日本人によるヒマラヤ登山の歴史を振り返り、続いて今後の課題、展開について考察する、というもの。
様々な含蓄に富んだ、非常に興味深いお話しで2時間があっという間に過ぎていきました。

ところでお話の中で、山森さんが提唱した今後の課題の一つに、ヒマラヤ9ヶ国の最高峰を全座登る、というのがありました。
ちょっと興味深いのでご紹介します。
ヒマラヤ9ヶ国の最高峰とは以下の通り。

1) 中国 : チョモランマ (8848m)
2) インド : カンチェンジュンガ (8586m)
3) ブータン : ガンカル・プンスム (7570m)
4) ネパール : サガルマータ (8848m)
5) パキスタン : K2 (8611m)
6) アフガニスタン : ノシャック (7492m)
7) キルギス : ポペーダ (7493m)
8) カザフスタン : ハン・テングリ (7010m)
9) タジキスタン : イスモイル・ソモニ (7495m)

政治的な要因もあって難しい課題ではありますが、これをやったらかなり凄いのではないかと思いました。
難しさは7大陸最高峰より遥かに上であり、もしかしたら8000m峰全座登頂よりも難しいかもしれません。
誰かやる人が現れないかな??

また講演の一番最後に山森さんから現役の登山者に対して、2つのお願いがありました。
一つは、機会を作ってふるさとに帰り、登山の魅力、面白さを一般の人に伝える努力をしてほしい、ということ。
もう一つは、登山者の視点で、登山を正しく評価する姿勢を持ってほしい、ということでした。
特に二つめのに関しては、私もいろいろと考えるところがあるのですが、私の考えと山森さんの考えがほとんど一致することを知り、とても心強く思いました。

ということでヒマラヤ登山のこれまでとこれからを展望した、盛りだくさんの内容だった山森さんの講演会。
私自身、今後ヒマラヤを目指す機会があるかどうかは何とも言えないところですが、自分と登山との関わり合いについて考え直すきっかけを得ることのできた、充実した2時間となりました。
スポンサーサイト

2011年06月30日 登山の話題 コメント:0

2011年06月29日

レンゲツツジが満開だった根子岳から四阿山縦走。

東京滞在5日目、こんどは上信国境の四阿山(あずまやさん・2354m)に行ってきました。
やはり旅行会社のお仕事です。

レンゲツツジが満開だった根子岳から四阿山縦走・その1
バスで菅平牧場へ向かい、車道終点からまずは根子岳(ねこだけ・2207m)へ向かいます。
なだらかに登る道の左右には、たくさんのレンゲツツジが花を咲かせていました。

続きを読む

2011年06月29日 ガイド コメント:0

2011年06月26日

梅雨の合間に登った金峰山。

まだ梅雨真っ最中の時期ですが、いよいよ私の夏山シーズンが始まりました。
拠点を米子から東京に移し、最初の仕事は旅行会社からの依頼による奥秩父・金峰山(きんぷさん・2595.0m)の縦走登山です。

梅雨の合間に登った金峰山・その1
バスからタクシーに乗り換えて降り立った、大弛峠。
金峰山の頂上をピストンする登山者の車が、多数停まっていました。

続きを読む

2011年06月26日 ガイド コメント:0

2011年06月24日

待望の沢登りの本2冊。

我が家の飼いうさぎ・ぽこも待ち望んでいた(うそです)、沢登りの本2冊を入手しました。

『関西起点 沢登りルート100』
まずはこちら『関西起点 沢登りルート100』。
昨年発行された、『東京起点 沢登りルート120』の関西版です。
私は成り行き上、何となく中国四国地方が専門のようになってしまいましたが、まだまだ西日本全般に対する網羅的な知識は不足しています。
特に沢や関西地方に関しては、わかっていないことも多く、こういった本が手元にあると大変に重宝します。
“関西起点”ということですが、山陰や四国の沢も紹介されていて、まだ登っていないものもあるので、参考にしてぜひ足を運んでみたいと思いました。

続きを読む

2011年06月24日 山の本や雑誌 コメント:0

2011年06月23日

雑誌『山と渓谷』と『岳人』の2011年7月号。

発売から少し間が経ちましたが、現在書店に並んでいる山の雑誌について書きます。

『山と渓谷』2011年7月号
まずは『山と渓谷』。
特集が「ひと味ちがうね! 日本アルプス」という内容で、北・中央・南アルプスの少しマイナーなコースが、多数紹介されています。
個人的に興味を持ったのは、P32の“黒部の白馬”とP72の“秘境ムードの「裏」唐松岳”。
いずれも黒部渓谷側から、後立山連峰の主稜線に登り詰めるコースの案内です。
後立山連峰に立つと剣岳とその手前に食い込む黒部川の様子が印象的であり、機会を作ってその近辺を歩いてみたいと、前から思っていたのでした。

それと巻末近くの「全国隠れ名山」のコーナーのP209に、広島県の福田頭(ふくだがしら・1253m)が掲載されています。
記事を書いたのは私ですので、よろしかったら手にとってご覧になってみてください。

続きを読む

2011年06月23日 山の本や雑誌 コメント:0

2011年06月20日

地獄谷から振子沢。

あんまり予報では天気が良くなかったのですが、思うところがあり一人で大山(だいせん・1729m)東面の地獄谷に向かうことにしました。

地獄谷から振子沢・その1
一向平に車を停めて登山届を提出し、大休峠に続く道に向かいます。
大山滝を過ぎたこの標識から左にそれ、急な斜面をジグザグに下って地獄谷へと降り立ちました。

続きを読む

2011年06月20日 伯耆大山と周辺 コメント:0

2011年06月18日

幻想的だった船上山。

NHK文化センター米子教室山とパワースポット」第3回目は、鳥取県琴浦町の船上山(せんじょうさん・615.4m)へ行ってきました。

幻想的だった船上山・その1
船上山へ行く前に、まず立ち寄ったのが琴浦町の豊榮神社。
卯乃年 因幡伯耆国 開運八社巡りの第三番に指定されている、里の中の小さな神社です。
境内の一角では、珍しい線刻の双体道祖神を発見。
さらに右側の人物は天狗のように鼻が長く、何だか不思議な感じの石仏でした。

続きを読む

2011年06月18日 ガイド コメント:0

2011年06月16日

第25回 海外の山を知ろう!!

今月末に実施される、東京都山岳連盟海外委員会による、海外登山研究会のご案内です。

第25回 海外の山を知ろう!!
タイトルは『第25回 海外の山を知ろう!! 日本人とヒマラヤ登山―これからを考える』。
日本ヒマラヤ協会顧問の山森欣一さんによる、ヒマラヤ登山の今後を俯瞰した講演会です。
ヒマラヤ登山に関する知識は日本一と言ってよく、ご自身も豊富な登山経験を持つ山森さんのお話を聞くことのできる貴重な機会ですので、ぜひ多くの方にご参加いただければと思います。
よろしくお願いいたします。

なお私も鳥取県在住ながら現在も都岳連海外委員を務めており、当日は上京中ということもあって、会場に出向く予定です。
たぶん受付か会計かスライド係をしていると思いますので、もし気がついたら気軽にお声かけください。

それと上の図版は画質を落としたファイルです。
以下のアドレスにPDFファイルを置いていますので、必要な方はダウンロードしてご覧いただければと思います。

PDFファイルへのリンク:
第25回 海外の山を知ろう!!

Amazonへのリンク(山森欣一さんの著書、共著):
欣ちゃんの山一辺倒
ヒマラヤ名峰事典

2011年06月16日 登山の話題 コメント:0

2011年06月15日

イワカガミがきれいだった大山。

お客様をご案内して、大山(だいせん・1729m)の夏山登山道へ行ってきました。

イワカガミがきれいだった大山・その1
頭上には濃い雲がありましたが、雨は降らない予報だったので安心して登山道を登り始めました。

続きを読む

2011年06月15日 ガイド コメント:0

2011年06月14日

隠れパワースポット琴引山。

NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」で来月登山予定の、中央中国山地の琴引山(ことびきさん・1013.4m)へ下見に行ってきました。

隠れパワースポット琴引山・その1
登りは北面の敷波登山口から。
目印の鳥居がブッシュに覆われていて、踏み込むのがややためらわれるような状況でしたが、10mも進めばしっかりとした登山道になりました。

続きを読む

2011年06月14日 その他の山々 コメント:0

2011年06月13日

梅雨の合間に三鈷峰へ。

鳥取県立大山自然歴史館のボランティア(山岳情報スタッフ)の仕事で、大山のユートピア小屋周辺に行ってきました。

梅雨の合間に三鈷峰へ・その1
登りは定番の宝珠尾根から。
下宝珠越先のブナ林は、随分と緑が色濃くなってきていました。

続きを読む

2011年06月13日 伯耆大山と周辺 コメント:0

2011年06月12日

途中から雨に降られた三徳山。

旅行会社からの依頼により、鳥取県中部の古刹・三徳山三佛寺の奥の院である投入堂へ、お客様をご案内してきました。

途中から雨に降られた三徳山・その1
三佛寺本堂へ向かう参道の途中左手に現われる、可愛らしい“だんだん菩薩”。
古い石段の石を使って、住職が彫ったものなのだそうです。

続きを読む

2011年06月12日 ガイド コメント:0

2011年06月11日

軽快に登った甲ヶ山。

旅行会社からの依頼により、大山火山外輪山末端の船上山(せんじょうさん・615.4m)から甲ヶ山(かぶとがせん・1338m)の往復コースへお客様をご案内してきました。

軽快に登った甲ヶ山・その1
船上山への登りは、最短コースである東坂から。
今年4月に野焼きの行われた屏風岩下の傾斜地ですが、早くも草が生い茂ってきていました。

続きを読む

2011年06月11日 ガイド コメント:0

2011年06月10日

またやられてしまいました。

またやられてしまいました。
何かというと、ウルシです。
2007年の5月以来の4年ぶりであり、それ以前の2006年の9月にも一度やられているので、これで3度目です。
…。
辛いです。。
異変に気がついたのは4日前。
けれども続けて3日間、山に出掛ける用事があったので、まあ大丈夫だろうと思って放っておいたのですが、昨日の夕方から猛烈に悪化。
一時は右目を開くこともできないくらいでしたが、今朝やっと病院に行くことができて、いただいた薬を飲んだら随分と楽になってきました。

薬とぽこ
たくさんの薬にぽこも呆れ顔?
(ちなみにぽこは現在、毛替わりの真っ最中でボサボサです)

さて今回はどこでやられたかというと、先週金曜日に行った、鳥越峠で間違いないと思います。
このときは大山自然歴史館山岳情報調査であったため、登山道整備、というほどではないですが、道に倒れかかった倒木をどけながら歩いていたのでした。
その際、折れた大きな枝を力まかせによけた時、それがヤマウルシであることに気づいたのです。
しかし汁がついたとかそういうことはなかったので、あんまり気にしないでいたのですが…やっぱりやられてしまったのでした。
困ったものです。。

今年の山陰の山はどこも、年末からの豪雪の影響で倒木が多くなっています。
中にはウルシ系の木もあることでしょう。
私のようにならないためにも、倒木を潜る際は木の種類にも十分に気を配っていただければと思います。
(ヤマウルシは新芽の茎が赤いので、判断が付きやすいでしょう)

2011年06月10日 近況など コメント:2

2011年06月09日

明るい岡山県立森林公園。

NHK文化センター米子教室の「ゆっくり歩く登山教室」で岡山県立森林公園へ行ってきました。

明るい岡山県立森林公園・その1
岡山県立森林公園内は良く整備された遊歩道や登山道が縦横に通じていて、自由に歩くことができるのですが、今回はまず公園内最高峰であるきたけ峰(きたけみね・1099m)を目指しました。
道は明るい渓谷沿いを通り、大変に歩きやすいものでした。

続きを読む

2011年06月09日 ガイド コメント:0

2011年06月08日

曇り空の下の那岐連山縦走。

お客様をご案内して、岡山県北部の那岐連山の縦走に行ってきました。

曇り空の下の那岐連山縦走・その1
スタートは連山の西側の峠となる、声ヶ乢から。
歩きやすい良く整備された道が続いています。

続きを読む

2011年06月08日 ガイド コメント:0

2011年06月07日

菩提寺と那岐山と三穂神社。

NHK文化センター米子教室山とパワースポット」で来月に登る予定の、東部中国山地の那岐山(なぎさん・1255m)に行ってきました。

菩提寺と那岐山と三穂神社・その1
那岐山は登山コースの多い山で、北面2つ南面3つ、さらに縦走コースもあるのですが、計画しているのは南面(岡山県側)です。
実施当日はCコースを登ってBコースを下る予定なのですが、Cコースは既に何度か歩いているため、今回はAコースを登路にすることとしました。
Aコース登山口には菩提寺があり、その境内には見事な大イチョウの木が。
自然のパワーに満ち溢れた木であり、当日もぜひ訪れたいと思いました。

続きを読む

2011年06月07日 その他の山々 コメント:0

2011年06月06日

仲良しになりました。

先日引き取った子猫ですが、けっきょく我が家で飼うことにしました。
名前は“ぴい”。
ピーピーピーピーと鳴いてばかりいるので、そう名付けました。

仲良しになりました
心配していたみあとの相性は、とっても良いようです。
3日もしたらお互いに興味を示しだし、今では終日2匹でじゃれあっています。
夏の間みあは、遊び相手(私のこと)が東京に行ってしまい寂しい思いをしていたのですが、この夏は楽しく過ごすことができそうです。

2011年06月06日 かわいい動物たち コメント:2

2011年06月05日

砂滑りが楽しかったユートピア周回。

お客様よりユートピア方面に行ってみたいとのご希望が寄せられたので、大山山開きの日にご案内することになりました。
この日は旅行会社からのガイド依頼が入っていたのですが不催行となり、予定が空いてしまってどうしようか?と思っていたところだったので、ちょうどよいタイミングでした。

砂滑りが楽しかったユートピア周回・その1
大山寺を出発し、大神山神社の境内を過ぎて下宝珠越まで登り、中宝珠越付近から見上げた三鈷峰(さんこほう・1516m)。
今回の目的としている山頂です。

続きを読む

2011年06月05日 ガイド コメント:3

2011年06月04日

大山山開き前夜祭。

今年は6月5日が大山(だいせん・1729m)の山開き、前日は前夜祭が実施される日です。

大山山開き前夜祭・その1
その前夜祭に合せて、米子中の山岳会は大山登山口の近くにある、下山キャンプ場に集結し、テントを張って宴会をしつつ夜を明かします。
私が所属する岳獅会も、お昼前にはキャンプ場の一角に陣取って、宴会準備に入りました。
ちなみにテントに書いてある文字は「岩友会」。
今はもう存在しない、岳獅会の前身だった山岳会の名前です。

続きを読む

2011年06月04日 伯耆大山と周辺 コメント:0

2011年06月03日

サンカヨウ咲く鳥越峠。

今年も鳥取県立大山自然歴史館のボランティア(山岳情報スタッフ)の仕事で、大山東面の駒鳥小屋周辺に行ってきました。

サンカヨウ咲く鳥越峠・その1
途中越える鳥越峠の周辺は、サンカヨウの大群落となっていました。
もう種になっているものからまだつぼみのもの、そしてちょうど見頃のものまで、辺り一面サンカヨウだらけ!
なかなか壮観な様子でした。

続きを読む

2011年06月03日 伯耆大山と周辺 コメント:0

2011年06月02日

那岐山から滝山へ縦走。

お客様をご案内して、東部中国山地の那岐山(なぎさん・1255m)から滝山(たきやま・1196.5m)を経て広戸仙(ひろどせん・1114.5m)より下山する、那岐連山の縦走に向かいました。

那岐山から滝山へ縦走・その1
スタートは那岐山の岡山県側から。
A、B、Cの3つのコースが選べるのですが、今回は行程の長さを考慮して、最短で登ることのできるCコースから頂上を目指しました。

続きを読む

2011年06月02日 ガイド コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。