--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年05月31日

新緑美しい江府町の山。

5月も最後となる日に、お客様をご案内して江府町の山を散策に行ってきました。

新緑美しい江府町の山・その1
少し登った尾根から見下ろした、鏡ヶ成方面。
新緑がとても美しくなっていました。

続きを読む

スポンサーサイト

2011年05月31日 ガイド コメント:0

2011年05月29日

映画『岳』。

遅くなりましたが、映画『岳』を観てきました。

映画『岳』
穂高周辺、そしてところどころ映っている、後立山の山岳映像が素晴らしい映画でした。
妙にオッサンくさい?平山ユージも良い感じ!
そして小栗旬、長澤まさみの主役陣も、格好良く画面を引き立てていました。

ところで内容はというと…。
う~ん、私は山岳映画を観ても、どうしても動作や技術に目がいっていまい、嘘くさく(失礼!)感じられてしまって素直に内容に入り込むことができないのです…。
まあそういうのは細かいことであって、映画の本質にはぜんぜん関係しないところなのでしょうが。

それでも場内はけっこう感動に溢れていたようなので、良い映画だったと思います。

ちなみにエンディングのテーマが流れる直前、主人公の島崎三歩が立っているのは前穂高岳(まえほだかだけ・3090.2m)ではないかと思います。
ということはその手前の斜面が奥明神のコルに続く雪面で、3年前の私自身の滑落事故現場ということになります。
随分と凄いところで落ちたものだと、我ながら驚いてしまいました。
山で捨ててはいけないものを、捨てずに済んで良かった!と今さらながらほっとしました。

2011年05月29日 登山の話題 コメント:4

2011年05月28日

子猫。

急遽、子猫を引き取ることになりました。
保健所で処分直前だったのを、譲り受けたのです。

子猫
白と灰色のトラ模様の、ピイピイ鳴く可愛い子猫ちゃん。
拾ってきた頃のみあと比べても、まだ一回り小さいくらいです。
しかし…家に連れて帰ったところ、みあが大変に嫌がって、猛烈な威嚇を始めてしまいました…。
仲良くなってくれるならば、ぜひ家で飼ってあげたいのですが、みあがどうしても嫌というならば諦めざるを得ません。
とりあえず1週間から10日くらい様子を見て、どうしてもだめそうならば、4年前の子犬の時のように、飼い主探しをすることになりそうです。

2011年05月28日 かわいい動物たち コメント:2

2011年05月27日

ヘビを助けてあげました。

今回は嫌いな方は、本当に大嫌いだと思いますのでご注意ください。

ヘビを助けてあげました・その1
先日、岡山県立森林公園内の県境稜線を歩いている際、細長い妙なものが落ちているのに気が付きました。
!!!
ヘビです!
???
でも何か変?
そう、裏返っているのです。
死んでいるのかな??

続きを読む

2011年05月27日 かわいい動物たち コメント:2

2011年05月26日

新見千屋温泉から花見山へ。

下見の際にあんまり道が良くなくて、どうしようかと悩んでいた花見山(はなみやま・1188.0m)へ、NHK文化センター米子教室の「ゆっくり歩く登山教室」で行ってきました。

新見千屋温泉から花見山へ・その1
コースは結局、新見千屋温泉側の滝コースから登ることにしました。
スキー場左手の遊歩道を歩き、この標識のところから植林帯の急斜面に取り付きます。

続きを読む

2011年05月26日 ガイド コメント:0

2011年05月25日

初夏の岡山県立森林公園。

NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」の下見で、岡山県立森林公園に行ってきました。

初夏の岡山県立森林公園・その1
岡山県と鳥取県の県境に位置するこの森林公園は、昭和50年に開園した自然公園です。
県境稜線部は歩きやすく刈り払いがされており、標高1000m前後の縦走をすることが可能。
稜線より下の平坦地は遊歩道が整備されていて、普通の観光客でも歩けるようになっています。
比婆山(ひばやま・1264m)のある、広島県民の森に似た雰囲気の場所です。

続きを読む

2011年05月25日 その他の山々 コメント:0

2011年05月24日

高知新聞社の山の本2冊。

先日、高知市内に出掛けた際に、他所では入手しにくいと思われる、高知新聞社が発行した地元の山の本2冊を購入してきました。

山と野原を歩く
1冊目は『山と野原を歩く 高知の山野66』、山と野原の会というグループの手による本です。

続きを読む

2011年05月24日 山の本や雑誌 コメント:0

2011年05月23日

豊榮神社と船上山。

NHK文化センター米子教室山とパワースポット」で来月に登る予定の、大山火山外輪山の末端に位置する船上山(せんじょうさん・615.4m)に行ってきました。

豊榮神社・その1
船上山に向かう途中、まず足を運んだのが琴浦町の豊榮神社。
当初の計画には入れていなかったのですが、道の途中にあり、因幡伯耆国開運八社の一つとされている神社なので、立ち寄ってみようかと考えました。

続きを読む

2011年05月23日 伯耆大山と周辺 コメント:2

2011年05月21日

雨に脅かされた剣山。

NHK文化センター米子教室山とパワースポット」第2回目は、岡山県新見市の剣山(けんざん・962m)へ行ってきました。
(諸般の事情により、当初予定していた鳥取県日野町の宝仏山より変更させていただきました)

雨に脅かされた剣山・その1
出発後、まずは鳥取県日野町黒坂の瀧山公園へ。
目的は公園ではなく、奥に祀られる瀧山神社、および御神体である龍王滝への参拝です。
ところで今回、一ヶ月ぶりに受講生の皆さんと出会って驚いたのは、ちゃんと登山の格好になっている!ことでした。
前回はピクニックに出掛けるような服装の方も多く、行き帰りのバス車内で持参品その他の説明もさせていただいたのですが、どれだけ揃えられるかな?と心配していたのでした。
今回は皆さん軽登山靴を履かれていて、登山用ウェアを着用している方も多くてほっとしました。

続きを読む

2011年05月21日 ガイド コメント:0

2011年05月20日

鳥取県経済同友会西部地区講演会。

参加を勧めてくださる方があり、鳥取県経済同友会西部地区講演会および米子商工会議所観光サービス業部会による合同例会に出席してきました。

鳥取県経済同友会西部地区講演会
合同例会の内容は、モンベルの代表取締役会長である辰野勇さんによる講演会。
生い立ちから始まってアイガー北壁登攀の模様や、黒部川をカヤックで下降する様子など、本や雑誌で概要は知っていることではありましたが、ご本人から直接お話しを聞くというのは貴重な体験でした。
また先般の東日本大震災に最しては、モンベルは具体的な被害の状況が不詳のごく初期からサポート運動を行ってきているのですが、そうした被災地支援への熱い思いと現場における様々な問題点なども、詳しく語っていただきました。
1時間半余りでしたが、とても有意義な時間となりました。

2011年05月20日 登山の話題 コメント:0

2011年05月19日

天候に恵まれた西大台周回。

地元のお客様をご案内しての大台ヶ原2日目は、まずは大蛇と足を運びました。

天候に恵まれた西大台周回・その1
途中で通過した牛石ヶ原では、大きな神武天皇の銅像が立っていました。
昭和2年のものなのだそうです。

続きを読む

2011年05月19日 ガイド コメント:0

2011年05月18日

大台ヶ原の日出ヶ岳へ。

地元のお客様をご案内して、大台ヶ原へ行ってきました。

大台ヶ原の日出ヶ岳へ・その1
朝米子を出発し、午後早い時刻に大台山上駐車場に到着。
翌日は利用調整地区である西大台に入る予定にしていたので、まずはそのための事前レクチャーを受講。

続きを読む

2011年05月18日 ガイド コメント:0

2011年05月17日

新緑美しい大山。

剣山(つるぎさん・1954.7m)に登った翌日、こんどは中国地方最高峰の大山(だいせん・1729m)を目指しました。

新緑美しい大山・その1
阿弥陀堂左奥の登山道に入ってしばらくは、階段が続いて辛いところ。
それでも冬が非常に長かった大山にもいよいよ本格的な春が訪れたようで、周囲のブナが一気に新芽を出して、美しい新緑が目に飛び込んできました。

続きを読む

2011年05月17日 ガイド コメント:2

2011年05月16日

大剣神社から剣山へ。

石鎚山(いしづちさん・1982m)に登った翌日は、剣山(つるぎさん・1954.7m)を目指しました。

大剣神社から剣山へ・その1
出発地点となる剣神社の境内には、宮尾登美子の『天涯の花』の碑が立っています。
“天涯の花”であるキレンゲショウマは今の季節は見ることはできませんが、宿泊先の新見の越荘には写真がたくさんあったので、お客様も何となく花のイメージはつかめたのではないかと思います。

続きを読む

2011年05月16日 ガイド コメント:0

2011年05月15日

アケボノツツジ咲く石鎚山。

土小屋の白石ロッジの泊まった翌朝は、さっそく石鎚山(いしづちさん・1982m)頂上を目指しました。

アケボノツツジ咲く石鎚山・その1
出発時の石鎚山の様子。
朝日に染まって、赤く輝いていました。

続きを読む

2011年05月15日 ガイド コメント:0

2011年05月14日

四国八十八ヶ所第31番竹林寺。

再び仕事で四国に行くことになりました。
今月はこれで2度目です。
今回は高知空港で関東、および北海道方面から来られるお客様と合流し、石鎚山(いしづちさん・1982m)、剣山(つるぎさん・1954.7m)、そして最後に大山(だいせん・1709.4m)を一緒に登る予定。

四国八十八ヶ所第31番竹林寺・その1
お客様との合流まで時間があったので、先日から始めた四国八十八ヶ所巡りの続きで、高知市の外れに位置する第31番札所竹林寺に札打ちに行くことにしました。
高知駅前からバスに揺られて30分ばかり、バス停前から階段を登ると、重厚感のある山門が姿を現しました。

続きを読む

2011年05月14日 パワースポット コメント:0

2011年05月12日

『岳人』2011年6月号。

まだ発売日には早いのですが、今日、雑誌『岳人』が宅急便で我が家に届きました。
そう、また記事を執筆させていただいたのです。

『岳人』2011年6月号・その1
今回の第1特集は「これから登りたい8座」。
無雪期のシーズンに登ったら楽しい山を、8座紹介しています。

続きを読む

2011年05月12日 山の本や雑誌 コメント:4

2011年05月09日

船通山はカタクリ満開でした。

お客様をご案内して、鳥取-島根県境の船通山(せんつうざん・1142.5m)に行ってきました。

船通山はカタクリ満開・その1
コースは渓谷歩きが楽しめる島根県側から。
車道を30分ほど歩いて、鳥上滝登山口から沢沿いの登山道に入りました。

続きを読む

2011年05月09日 ガイド コメント:2

2011年05月08日

再び花見山の下見へ。

今月実施のNHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」では、鳥取-岡山県境の花見山(はなみやま・1188.0m)に行く予定を立てています。
しかし最も容易な花見山スキー場からの往復では、あまりにも楽すぎて満足度に欠ける感じ。
ということで岡山県の新見千屋温泉とつなぐ縦走コースにしたいと考えました。
ところが候補として考えていた岡山県側の“千年の森コース”は、先月の下見の結果、あまりにも荒れているため不適と判断。
もう一つの“滝コース”の様子を調べたいと思ったのですが、異常なまでに残雪の多い今年の中国山地の雪解けを待って、やっと下見をすることができました。

再び花見山の下見へ・その1
新見千屋温泉右手の車道からたたらの里キャンプ場の間を通り、いぶきの里スキー場左手の遊歩道に入って、まずは下の谷の滝へ。
近くにある龍王滝に比べるとかなり小振りですが、静かな雰囲気で落ち着ける感じの場所でした。

続きを読む

2011年05月08日 その他の山々 コメント:0

2011年05月07日

残雪に苦戦した大休峠。

大型連休も終盤の土曜日に、旅行会社の依頼により大山山系の大休峠にお客様をご案内してきました。

残雪に苦戦した大休峠・その1
スタートは一向平から。
出だしに現れる大山滝は水量も豊富で、清々しい気持ちになる景観でした。

続きを読む

2011年05月07日 ガイド コメント:0

2011年05月06日

クリンソウには少し早かった多岐アルプス。

お客様をご案内して、兵庫県東部多岐アルプスの三獄(みたけ・793.4m)から小金ヶ岳(こがねがたけ・725m)の縦走に行ってきました。

クリンソウには少し早かった多岐アルプス・その1
火打岩から植林帯の急登を過ぎて、なだらかな尾根道へ。
左右に見える新緑が色鮮やかでした。

続きを読む

2011年05月06日 ガイド コメント:0

2011年05月04日

四国の赤石山系縦走。

ゴールデンウィーク後半のみどりの日には、旅行会社からの依頼によりお客様15名をご案内して四国の赤石山系の縦走に行ってきました。
アケボノツツジの花はほとんど見ることができませんでしたが青空が広がり、黄砂の多かった2日前よりも視界は良くて気持ちの良い登山が楽しめました。

四国の赤石山系縦走
これは東赤石山(ひがしあかいしやま・1706.6m)頂上から見た、西側の展望。
左手遠くに見えるのは笹ヶ峰(ささがみね・1859.5m)、その右の鋭いピークが沓掛山(くつかけやま・1691m)、そして黒森山(くろもりやま・1678.4m)。
その右、手前の尾根の向こうにはこの後に登る、西赤石山(にしあかいしやま・1625.7m)も頭をのぞかせています。
1日でこなすには少々ロングなコースを無事に歩き通すことができて、お客様も皆さんとても満足そうでした。

2011年05月04日 ガイド コメント:0

2011年05月03日

四国八十八ヶ所巡り。

私の住む中国地方と、一括りで扱われることの多い四国地方。
4年前に初めて四国に踏み入れて喜んでいたのも懐かしい思い出で、今では年に何度も四国に足を運ぶ生活となりました。
せっかくなのでそういう立場を利用して、前からやってみたかった四国八十八ヶ所巡りができないか???
赤石山系縦走をした翌日はあんまり天気が良くない予報だったので、予定していた登山は中止してさっそく実行してみることにしました。

第1番霊山寺・その1
概要をつかむためにまずはガイドブックを購入し、徳島県に移動。
門前一番街というお土産物屋さんで経本、納札、ろうそく、線香、納経帳を購入(全部で2,900円)して発願の寺である第1番霊山寺へ。
八十八ヶ所巡りとはいっても、仕事の合間に無理なく回る予定なので、菅笠も白衣も金剛杖もない、ごく普通の出で立ちでのお参りです。

続きを読む

2011年05月03日 パワースポット コメント:0

2011年05月02日

四国山地・東赤石山から西赤石山縦走。

ゴールデンウィーク後半は四国赤石山系でのお仕事をいただいたのですが、全コースを通して歩いたことはなかったので、一足先に四国入りし、下見がてら歩いてみることにしました。

東赤石山から西赤石山縦走・その1
新居浜市から大永山トンネルを潜って日浦登山口に車を停め、車道を歩いて筏津登山口へ。
登山口少し手前の右手斜面には、観光施設が立ち並ぶ一角があるのですが、それに覆い被さるような断崖の上から水が流れ落ちていました。
(見えにくいのですが、写真左の白い筋です)
金比羅大滝と呼ばれる滝ですが、尾根の上の方から水が流れ落ちる様子は、何だか不思議な感じでした。

続きを読む

2011年05月02日 その他の山々 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。