--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年01月30日

第49回海外登山技術研究会。

日本山岳協会による、第49回海外登山技術研究会に出席してきました。
海外登山技術研究会とは、前年の主要な海外遠征登山の報告や、海外山岳地域の研究をしている方の発表などをして、海外登山を志す者同士の情報交換をする場です。
全国都道府県の岳連代表者が出席することが多いのですが、私は鳥取県山岳協会の代表として赴いたのでした。

第49回海外登山技術研究会
プログラムの午前中は、平成21年度海外登山奨励金交付登山隊の報告です。
「海外登山奨励金」とは日山協の国際部により、意欲的な海外登山を計画している登山隊に対して交付されるお金のことで、毎年3隊程度に支払われているとのこと。
昨年も3隊に交付されたそうで、まずは富士山八合目太子館ガイドアラスカ登山隊2010の天野和明さん(写真左上)よる登山報告がありました。
昨年4月から5月に渡って行われたアラスカでのアルパインクライミングで、前半はややマイナーなルース氷河におけるPeak7400feet西壁、そしてMt.Church北壁での初登攀について。
そしてタルキートナでの休養日を挟み、後半はカヒルトナ氷河に移動して、ウエストバットレスからのデナリ山頂往復(高所順応)後、デナリ南西壁・デナリダイヤモンド登攀とハンター北壁・ムーンフラワーバットレスの登攀について。
いやいや、物凄い内容の濃い報告で、1時間ではまったく時間が足りない感じでした。

続きを読む

スポンサーサイト

2011年01月30日 登山の話題 コメント:0

2011年01月29日

ねこすけちゃんと友人たち。

日本山岳協会の海外登山技術研究会に出席すべく、上京しています。
研究会の前夜は、20年来の友人である、カシワヤくんの家を訪れました。

http://yamatousagi.blog82.fc2.com/blog-entry-325.html
カシワヤくんの飼い猫・ねこすけちゃん。
このブログでも何度か紹介したことがあるのですが、口の横のブチが可愛らしいオス猫です。
大きさはうちのみあの2倍くらいで、抱っこさせてもらったらズッシリ!感がたっぷりの猫ちゃんでした。

今回は他に、S太郎、Y川先輩、VJEDくんも来訪。
この3人は、今から20年以上前のゴールデンウィークに、一緒に八ヶ岳を目指したメンバーです。
私と違ってこの3人もカシワヤくんも、山の世界からは足を洗っているのですが、今でもこうやって集まって当時のことを語り合えるのは嬉しいことです。
ねこすけちゃんも交えて酒を酌み交わしながら、昔話やこれからのことについて語り合った、楽しい一夜となりました。

関連エントリー:
友人の飼い猫・ねこすけちゃん。 (2008年04月01日)
ねこすけちゃん、その他のにゃんこ。 (2008年10月20日)

2011年01月29日 かわいい動物たち コメント:6

2011年01月25日

和気アルプスのチンネ・スラブルートから竜王山。

相変わらず雪降りの続く米子ですが、先日に引き続き地元のお客様を、晴れ渡った天候の続く山陽は岡山の低山にご案内してきました。

チンネ・スラブルートから竜王山・その1
エリアはまたまた和気アルプス。
今回の参加者の皆さんは、最もポピュラーな和気富士から神ノ上山のコースは既に歩いているので、レベルアップして岩場の出てくる、チンネ・スラブルートから竜王山をつなぐコースを辿りました。
写真は山麓の由加神社からのアプローチの途中から見上げた、コースの様子。
左手の大きな岩がクライミングエリアである白岩様(鷲ノ巣岩)で、右側の下部が幅広く、上部が狭まっている岩場がチンネ・スラブルートです。

続きを読む

2011年01月25日 ガイド コメント:5

2011年01月23日

雪の蒜山三座縦走(2日目)。

フングリ乢付近で一夜を明かした翌朝は、まだ暗いうちにヘッドランプを灯しての出発としました。

雪の蒜山三座縦走(2日目)・その1
それでも歩き始めて15分もしないうちに、ヘッドランプなしでも問題ないくらい明るくなってきました。
夜の間は風もなく、快適に過ごすことができました。

続きを読む

2011年01月23日 伯耆大山と周辺 コメント:3

2011年01月22日

雪の蒜山三座縦走(1日目)。

この冬は冬型の気圧配置が決まり、冬らしい気温の低い日が続いています。
各地山岳の沢筋では近年稀なくらい氷が発達しており、Climbing Club ZOOの仲間をはじめ多くのクライマーはアイスクライミングをするべく、毎週あちこちの氷瀑に通っているようです。
しかし残念なことに、中国地方でアイスクライミングができるのは先月登った、大山北壁の天狗沢のみ。
しかもこの沢は雪崩の危険性が高い位置にあり、山陰地方の年末からの豪雪の状況では、もはや近付くことはできません。
という訳で、豪雪で雪が多いのならば雪の山にしようということになり、予定の空いた週末の二日間で蒜山三座の縦走へと向かいました。

雪の蒜山三座縦走(1日目)・その1
岡山在住の岳獅会の仲間と合流し、車1台を道の駅蒜山高原にデポ。
もう1台で上蒜山スキー場へ向かい、そこから登山スタートとしました。
本当は犬挟峠に1台デポしたかったのですが、除雪と駐車スペースの状況に不安があり、間違いのない道の駅に停めることにしました。
スキー場から先は、ほぼ無雪期の道沿いに牧場の間を縫って、上蒜山(かみひるぜん・1202m)登山口を目指しました。

続きを読む

2011年01月22日 伯耆大山と周辺 コメント:0

2011年01月20日

鬼ノ城山三十三観音みち。

地元米子のお客様をご案内して、岡山県吉備高原最南端の鬼ノ城山(きのじょうやま・397m)に行ってきました。

鬼ノ城山三十三観音みち・その1
この鬼ノ城山は朝鮮式古代山城が築かれていた山で、現在復元工事が行われているところです。
まずはビジターセンターに立ち寄って概要を掴んでから歩行開始。
最初に展望デッキに向かって山頂方面を見ると、近年復元された西門の立派な建物が聳えていました。

続きを読む

2011年01月20日 ガイド コメント:0

2011年01月18日

花見山スキー場から花見山往復。

今日は岳獅会の仲間二人と一緒に、中央中国山地(奥日野)の花見山(はなみやま・1188.0m)を登ってきました。
とはいってもスキー場のリフトで1070mくらいまで上がり、そこからはスノーシューを履いてなだらかな稜線を辿って頂上に向かうだけなので、登山というよりはスノーハイキングといった感じでしょうか?

花見山スキー場から花見山往復・その1
花見山のスキー場は南北に1つずつあるのですが、今回利用したのは南面の花見山スキー場のリフト。
1回券が350円でした。

続きを読む

2011年01月18日 その他の山々 コメント:0

2011年01月17日

新雪の降り積もる大山。

今日は本当は、岡山県の和気アルプスでクライミングをする予定を立てていました。
しかし前日から降り続く雪により、米子道は通行止めとなり、和気まで出掛けるには時間がかかりすぎる状況となってしまったため、その予定は却下。
代案として鏡ヶ成の擬宝珠山(ぎぼしやま・1110m)から象山(ぞうやま・1085.3m)を周回するコースを歩く計画を立てたのですが、この雪ではアプローチの車道に難があるということで、こちらも却下。
結局、ばっちり除雪がされていて駐車場も間違いなく確保されている大山寺に行くくらいしか思いつかず、先日に引き続き大山(だいせん・1729m)の夏山登山道に向かうことになりました。

新雪の降り積もる大山・その1
歩き始めの大山寺参道の様子。
前回1月5日に比べると明らかに雪の量は増えており、積雪約2m50cmとのこと。
1月としては、観測史上最多なのだそうです。

続きを読む

2011年01月17日 伯耆大山と周辺 コメント:4

2011年01月13日

山に関する本3冊。

自宅にこもっての、原稿書きや企画立案、資料作成が続いています。
本当は今日は、お客様をご案内して大山西山麓の鬼住山(きずみやま・329.9m)に登る予定だったのですが、午前中は雪が激しく降っていたため中止。
引き続きパソコンに向かってゴソゴソやっています。

ということで山行きはしばらく、間が空いてしましました。
そこで今日は山行報告ではなく、最近購入した山の本のことを、少しだけご紹介したいと思います。

祟り山!禁忌伝説
まず最初は、家の近所のBOOK OFFで105円で購入した『日本全国49ヵ所― 祟り山!禁忌伝説』という本です…。
(いきなり安っぽい本ですみません)

続きを読む

2011年01月13日 山の本や雑誌 コメント:2

2011年01月09日

トレースに助けられた中蒜山。

相変わらずあまり冴えない天候の山陰地方ですが、ちょっとだけ岡山側に移動して、蒜山三座の中央に位置するピークである中蒜山(なかひるぜん・1123.3m)を登りに行ってきました。

トレースに助けられた中蒜山・その1
メンバーは私の他、岳獅会の仲間3人、さらにアルパインクライマーズクラブ岡山からお1人を加えて併せて5人。
猛烈なラッセルを覚悟していたので、心強い人数です。
集合場所の道の駅から塩釜冷泉に移動して身支度を整え、ワカンを携えて登山口に向かうと…何とトレースがついていたのでした。

続きを読む

2011年01月09日 伯耆大山と周辺 コメント:2

2011年01月08日

今日も春の七草を食べました。

昨日1月7日に、近くのスーパーで安売りされていた“春の七草”セットを購入して七草粥をいただいたのですが、今日の午後、郵便で大変豪華な“春の七草”セットが届きました。
送り主は最近ご結婚された、ガイドの先輩である上村博道さんと絵美ちゃんご夫妻から。
そういえば絵美ちゃんの実家が農家で、春の七草の生産・販売をしていると言っていたような…??
(7日に間に合うように送ってくださったのでしょうが、大雪の影響で米子は今も郵便が混乱しているのです)

今日も春の七草を食べました
ということで我が家では昨日に続き、七草粥をいただくことになりました。
こちらのほうが草っぽい匂いが強いのか、ぽこは昨日以上に興奮し、ぶぅぶぅ鳴いてパックの回りを走っていました。
二日連続の七草粥ということで、この冬は例年以上に元気で健康に過ごすことができそうです。

2011年01月08日 うさぎ コメント:0

2011年01月07日

今年も春の七草を食べました。

本当は今日明日は、久し振りにテレビの仕事が入っていて、山に向かう予定でした。
毎年食べている春の七草の七草粥を食べれないのが残念、ちょっと寂しいな…と思っていたのですが…。
しかし皆さんご承知の山陰豪雪の影響で、その仕事は来月に延期になってしまったのです。
まあ今の状況で大勢伴って山に登るのには無理があるため、良かったとも言えるのですが、来月の後半が過密スケジュールとなって少々心配。
これから調整に頭を悩ますことになりそうです。。

今年も春の七草を食べました
ということで今日は何事もなく自宅で過ごしました。
夕方にはスーパーで半額になっていた、七草セットを購入。
帰って早速ぽこに見せたら、妙に興奮して匂いをクンクン嗅いでいました。
この後は少しだけぽこにもお裾分けをあげて、七草粥を炊いて美味しくいただきました。
この冬も風邪をひかずに元気よく、健康に過ごしたいと思います。

2011年01月07日 うさぎ コメント:0

2011年01月05日

今年初めての大山登山へ。

この3年ばかりは正月三ヶ日の間に、大山遭難防止協会の山岳パトロールに協力して頂上に立っていた大山ですが、今年は観測史上初という豪雪のため、3日間ともパトロールは待機という形で終了。
しかし降雪も収まり、道路の除雪もかなり進んできて登山口まで向かうことも可能との情報が入ったため、所属する地元山岳会の岳獅会のメンバーと一緒に、今年初めての大山登山に向かいました。

今年初めての大山登山へ・その1
大山寺の参道の様子。
さすがに参道には除雪車が入らないため、物凄い雪の量です。
ちなみにこのすぐ下の観光道路はばっちり除雪済み、スノータイヤをはいている車ならば問題なく上がってこれる状況です。

続きを読む

2011年01月05日 伯耆大山と周辺 コメント:2

2011年01月01日

米子は大雪です。

あけましておめでとうございます。
新しい年が皆さんにとって素晴らしい1年でありますように、お祈り申し上げます。

さてニュースなどでご存知の方も多いかと思いますが、昨日朝より降り出した雪のため、私の住む鳥取県西部は現在、大変なことになっています。
昨日午後には奥大山スキー場で発生した雪崩に、4名の方が巻き込まれました。
国道9号線では大型タンクローリーが道をふさいで、今日未明には1000台もの車が立ち往生したとのこと。
そして現在も米子市内では、大雪による送電線鉄塔倒壊のため、1万7000世帯が停電となっています。
私の所属する岳獅会が毎年新年に協力している、大山遭難防止協会の冬山パトロールも今日は中止。
米子市内から大山寺に向かう観光道路(県道24号線)も通行止めです。
航空便や鉄道も運休が多く、米子市はほぼ、孤立に近い状態になってしまいました。

大雪の米子・その1
これは午前中、雪が小康状態の時に写した、米子市内の様子。
この時は晴れ間ものぞいていましたが、現在はまた激しく雪が降り出しています。

続きを読む

2011年01月01日 近況など コメント:7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。