--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年10月31日

東京近辺の沢のガイドブックについて。

早くも今日で10月も終わり、次第に年末が間近になってきました。
明日からは11月ですが、この時期は理不尽なまでに日が短く、何だか損をしたような気分になってしまう季節でもあります。
ところで心配された台風も、特に大きな被害もなく去っていきました。
けれども台風一過の秋晴れとはいかず、日本列島上に発生した低気圧の影響で、米子でも冷たい雨が降り続いています。。
という感じでまったく沢登りのことを話題にする陽気ではないのですけれども、今年の夏前に発行された東京近辺の沢のブックについて、少し書きたいと思います。

沢のガイドブック・その1
その沢のガイドブックはこの2冊。
1冊は山と渓谷社の『東京起点 沢登りルート120』。
もう1冊は白山書房の『ウォーターウォーキング』です。
(ぽこの動きが早く、ぶれた見にくい写真ですみません)

続きを読む

スポンサーサイト

2010年10月31日 山の本や雑誌 コメント:2

2010年10月30日

山での落し物。

現在、日本列島の近くを台風が通過中です。
今日は本来は、四国の山をご案内する仕事が入っていたのですが、この天候ではさすがにツアーも中止です。
ということで、自宅で溜まった事務仕事を処理しているのですが、だんだん飽きてきたので、ブログの更新をすることにしました。

山での落とし物・その1
私は夏の間は、けっこうあちこちの山岳地帯を歩き回ります。
その際よく目にする落し物はこれ、トレッキングポール(ストック)のキャップです。
ポールの先端は、本来は石突が出ている状態の方が性能を発揮するのですが、環境保護の観点より、人の多い山岳ではゴムキャップを着用する場合がほとんど。
しかしこのキャップはややきつくはあるものの、ただ被せてあるだけなので、枝や岩に引っかかったりすると簡単に外れてしまいます。
すぐに気づけば良いのでしょうが、やはり歩行しながら足元にも注意をはらいつつ、キャップのことも考えて…というのはちょっと無理でしょう。
ということで登山道を歩いていると、あちらこちらでこのゴムキャップを目にすることになるのでした。

続きを読む

2010年10月30日 登山の話題 コメント:2

2010年10月25日

瓶ヶ森と伊予富士。

四国の日本三百名山4座をご案内するツアー3日目(最終日)は、本来は瓶ヶ森(かめがもり・1896.2m)から伊予富士(いよふじ・1756.0m)の縦走をする予定だったのですが…やはりこの日も雨…。
しかしわざわざ関東から足を運んでいただいたお客様を手ぶらで帰すわけにもいかないので、この山稜のすぐ下を通る町道瓶ヶ森線をバスで移動して、それぞれの山を最短コースから往復するプランに変更させていただくことにしました。

瓶ヶ森と伊予富士・その1
登山口から男山を経て辿り着いた、瓶ヶ森の頂上。
ここまで大体、1時間足らずだったでしょうか。
記念撮影を済ませて、足早に下山にかかりました。

続きを読む

2010年10月25日 ガイド コメント:2

2010年10月24日

雨の三本杭。

四国の日本三百名山4座をご案内するツアー2日目は、鬼ヶ城山系の三本杭(さんぼんぐい・1225.7m)を目指しました。

雨の三本杭・その1
登路はまずは滑床渓谷から。
写真は滑床渓谷中、一番の見所とされる雪輪ノ滝です。
ところで今回の天候は雨。
それでもここいら辺までは、まだ小降りだったのですが、登るにつれて雨脚は激しさを増してきたのでした…。

続きを読む

2010年10月24日 ガイド コメント:0

2010年10月23日

篠山と入らずの森。

引き続き、四国行きの報告です。

篠山と入らずの森・その1
前日は寒風山トンネルより下って松山市内に宿泊し、こんどは松山空港へと向かいました。
旅行会社からの依頼により、関東からのお客さまと合流し、四国内にある日本三百名山4座をご案内するためです。
(前日までの3日間は、その下見だったのでした)
まずは宇和島市を通過し、篠山(ささやま・1064.6m)へ。
今回は下見の時と違って時間にゆとりがあり、ゆっくりと歩いて頂上へと登りました。
思いの外に小さな山ですが、四国の1000m以上のピークでは最も南にあり、三百名山の一つでもある山なのでお客様には喜んでいただけました。

続きを読む

2010年10月23日 ガイド コメント:0

2010年10月22日

瓶ヶ森から伊予富士縦走。

四国滞在の3日目は、石鎚山(いしずちさん・1982m)の東に連なる、瓶ヶ森(かめがもり・1896.2m)から伊予富士(いよふじ・1756.0m)の縦走に行ってきました。

瓶ヶ森から伊予富士縦走・その1
前夜は登山口近くの某所で、石鎚山東稜を目指す岳獅会、および米子勤労者山岳会のメンバーと合流。
朝は旧寒風山トンネルの登山口に自分の車を置いて、町道瓶ヶ森線を車で送ってもらいました。
この町道瓶ヶ森線は、展望抜群の山岳道路。
自然環境や景観のことを考えると、決して手放しで褒め称えることはできないものですが、車を停めて景色に見とれる場面が何度かありました。

続きを読む

2010年10月22日 その他の山々 コメント:2

2010年10月21日

八面山と三本杭。

四国滞在2日目、宇和島市の外れの道の駅で一夜を過ごした翌朝は、四国を代表する景勝地である滑床渓谷を目指しました。

八面山と三本杭・その1
こんどの目標は、鬼ヶ城山系の名峰・三本杭(さんぼんぐい・1225.7m)。
3年前に、沢から登っている山です。
今回は滑床渓谷沿いの遊歩道を、上流へと辿ります。

続きを読む

2010年10月21日 その他の山々 コメント:0

2010年10月20日

駆け登った南伊予の篠山。

四国行きが続きます。
先日お客様を剣山(つるぎさん・1954.7m)にご案内した翌日は、少し思うところがあってよっちゃんさんひめさんにお話を伺うべく、広島へ。
そしてその翌日は、しまなみ海道を通って再度四国に渡り、愛媛県の宇和島市を通過してさらに南下し、南伊予の篠山(ささやま・1064.6m)を目指しました。

駆け登った南伊予の篠山・その1
宇和島の南の外れの方から車を走らせて辿り着いた、篠山登山口。
広島市内から8時間もかかってしまい、ここに着いたのは15時を回った頃でした。
慌てて身支度を整え、登山スタートです。

続きを読む

2010年10月20日 その他の山々 コメント:0

2010年10月19日

剣山のミステリーサークル。

他のブログ等でも、少しだけ話題になっていますが…先日登った四国山地の剣山(つるぎさん・1954.7m)頂上付近に、“ミステリーサークル”が出現しています。

剣山のミステリーサークル・その1
私が確認したのは3ヶ所。
一番顕著なものは剣山の東側、一ノ森側に少し下った地点から見ることのできるこの斜面でした。

続きを読む

2010年10月19日 近況など コメント:8

2010年10月18日

周回コースから登った剣山。

丸石パークランドに宿泊した翌朝は、車で見ノ越へ移動し、登山スタートとしました。

周回コースから登った剣山・その1
剣神社を経て、リフト稼動前に西島まで登ってしまいました。
前方間近に見える剣山(つるぎさん・1954.7m)は、予想以上に紅葉で赤く色づいていました。

続きを読む

2010年10月18日 ガイド コメント:0

2010年10月17日

奥祖谷の二重かずら橋。

地元の米子市、境港市のお客様を、日本百名山の一つである四国山地の剣山(つるぎさん・1954.7m)にご案内すべく、徳島県に向かいました。

奥祖谷の二重かずら橋・その1
今回の宿泊先は、丸石パークランド
剣山の登山口である見ノ越に近い、奥祖谷の集落の車道沿いに建つ、この近辺では数少ない剣山登山の拠点として利用できる貴重な宿です。
少し早い時間に到着したので、宿のすぐ目の前にある二重かずら橋を見学に行くことになりました。
“かずら橋”とは葛類を用いて作られた原始的な吊り橋のことで、徳島県の観光名所の一つとなっています。
特にこの奥祖谷では二つの架けられているので、ちょっとお得(?)な感じ。
入場料500円を払って、早速渡ってみることにしました。

続きを読む

2010年10月17日 旅行・観光 コメント:0

2010年10月16日

少しずつ秋が深まってきた伯耆大山。

今日も鳥取県立大山自然歴史館のボランティア(山岳情報スタッフ)の仕事で、伯耆大山に行ってきました。
今回は夏山登山道から弥山(みせん・1709.4m)に登り、五合目上から行者コースを下るという、最もポピュラーなコースの山岳情報調査でした。

少しずつ秋が深まってきた伯耆大山・その1
今日は山頂方面はずっとガスに覆われていましたが、九合目を過ぎて間もなく、わずか1分足らずですが雲が切れて日差しが差し込んできたのでした。
自然歴史館を出発してから、ここまでの所要時間は1時間少々。
私はスピード登山にはあんまり興味はないのですが、夏山登山道にはゆっくり歩いておられる登山者が多く、道幅が広いためついつい追い越しを繰り返していると、意図せずハイペースになってしまいました。
本来は道の状態と周囲の動植物を確認するのが目的の調査なので、もっとじっくりと周囲を観察しながら歩くべきだったと思います。
要反省でした。。

続きを読む

2010年10月16日 伯耆大山と周辺 コメント:4

2010年10月14日

楽しいきのこ狩り。

毒きのこの誤食が問題となっている今日この頃ですが、岳獅会の仲間(ガン闘病中の井上富夫さん、REIさん)や他の皆さん併せて6人のメンバーで、きのこ狩りに行ってきました。
目的のきのこは、米子周辺ではザーザと呼ばれているナラタケ。
場所は、一応秘密とさせてください。
(米子近辺の方がよくきのこ狩りに訪れる場所です)

楽しいきのこ狩り・その1
ヤブをかきわけ、山に入っていくと…さっそくザーザ発見です!

続きを読む

2010年10月14日 伯耆大山と周辺 コメント:6

2010年10月13日

久し振りのクライミング。

今日は本当に久し振りに、クライミングに行ってきました。
場所は備中のリバーパーク。
上級者向けと言われる備中の中でも、例外的に初級者向けのルートが揃っているエリアです。

久し振りのクライミング・その1
リバーパークの取り付き付近。
かつてはゴミの不法投棄がされていた場所(!)だったようで、足元にはプラスチック屑やガラスの破片が点在していて、ちょっと要注意です。

続きを読む

2010年10月13日 クライミング コメント:2

2010年10月11日

プリンタのインク。

今日は久し振りに部屋の掃除をしました。
部屋の片隅に、無造作にためこんでいたプリンタの空きインクカートリッジをまとめたら、こんなにたくさん!
みあもびっくり!です。。

プリンタのインク
このインクカートリッジは、今の住まいに引っ越した昨年2月からの、1年半余りの間に使用したもの。
登山ガイドの仕事を始めてからは、広告チラシやお客様にお渡しする写真の印刷、その他もろもろの用事でプリンタを使用する頻度は高いのですが、それでもちょっと多すぎ?のようにも思います。
今、使用しているプリンタはEPSONのPM-G860というタイプ。
基本的な使いかっては良好なのですが、インクの減りは非常に早く(特にイエロー)、困ってしまいます。
特に白黒でしか使わないのに、カラーのインクがどれか無くなると印刷不能になってしまうのは、非常に不便です。
それに私はEPSONというメーカーは好きだったのですが、それはかつてNECのPC-9801というコンピュータの互換機を、手頃な価格で発売してくれた頃の好印象があってのこと。
しかしこのプリンタを使っていると、互換のインクカートリッジは使うなという画面表示があちこちで出てくるので、何だかなーと思ってしまいます。
聞くところによると、CANON製のプリンタはカラーインクが切れても白黒印刷ならば続行できるようです。
次に購入するプリンタは、ぜひCANONのものにしようと考えています。

2010年10月11日 近況など コメント:4

2010年10月10日

蒜山ハーブガーデン「ハービル」。

久々に妻と一緒に、米子近くの観光地に出掛けてきました。

ハービル・その1
行き先は蒜山高原の蒜山ハーブガーデン「ハービル」です。
蒜山高原のメイン道路である国道482号から少し離れた、小高い一角に造られたハーブを中心とした庭園です。
建物裏手に登ると、蒜山三座の姿を一望することができました。
右から下蒜山(しもひるぜん・1100.3m)、中蒜山(なかひるぜん・1123.3m)、そして日本二百名山にも選ばれている上蒜山(かみひるぜん・1202m)です。

続きを読む

2010年10月10日 旅行・観光 コメント:0

2010年10月08日

きのこづくしの大山道。

鳥取県立大山自然歴史館主催で10月24日(日)に実施される『大山道自然観察会』の下見を兼ねて、ボランティアの山岳情報調査の仕事で、伯耆大山東側の大山道(川床~大休峠~一向平)へ行ってきました。

きのこづくしの大山道・その1
雨のシトシト降る中、川床をスタート。
展望はなく、花もほとんど終わっていて、さらに今年は紅葉も遅めのようで特に見るべきものはないかな…いや、この時期はきのこです。
足元を見ると、あちこちにきのこきのこ。
雨降りもまったく気にならず、次から次へと現れるきのこを写真に収めることにしました。

続きを読む

2010年10月08日 伯耆大山と周辺 コメント:0

2010年10月07日

「ゆっくり歩く登山教室」三坂山。

今日は私が講師を担当する、NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」2010年度第6回目、下半期初回の日。
今回は岡山県湯原温泉奥の三坂山(みさかやま・902.5m)に行ってきました。

「ゆっくり歩く登山教室」三坂山・その1
この数日、雨っぽい日もたびたびあったのですが、今回は空はすっきりと晴れ渡りました。
清々しい気分(?)でかつての大山みちである、林道を歩いていきます。

続きを読む

2010年10月07日 ガイド コメント:0

2010年10月06日

彼岸花の咲く黒髪山。

来月実施する、NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」の下見で、岡山県新見市の裏山にあたる、黒髪山(くろかみやま・647m)に行ってきました。

彼岸花の咲く黒髪山・その1
市営斎場奥の駐車場に車を停め、登山スタート。
まずは斎場上にある、雲居寺の階段を登ります。
続けて左手の墓地の際を進み、林道に出たらそれを右に辿って、登山道へと入っていきます。

続きを読む

2010年10月06日 その他の山々 コメント:0

2010年10月04日

楽しかった高円寺。

取引先の旅行会社に用意していただいて、6月下旬から上京時の拠点としてきた高円寺を、ついに離れることになりました。

高円寺・その1
私にとって高円寺は、1987年の航空自衛隊退職後から何回か住んだ(引越しが非常に多かったので)、なじみの街です。
とにかく歩いているだけで楽しくなってくる雰囲気の街で、山陰に引っ越した後も、機会があればもう一度高円寺に住んでみたかったと、懐かしく思い出すこともしばしばでした。
それがたまたま取引先が高円寺に借り上げマンションを持っていて、さらにこの夏はちょうど空きができたということで、思いがけずまたこの街に住むことになったのは、とても嬉しいことでした。

続きを読む

2010年10月04日 近況など コメント:0

2010年10月03日

大菩薩北面・大黒茂谷。

大黒茂谷出合でのビバークの翌朝は、空には厚い雲が垂れ込めていました。
けれども雨が降りそうな気配はなかったため、予定通り遡行のスタートです。
今回の同行者は小松大樹くんと川口茜ちゃん。
ともにClimbing Club ZOOの仲間です。

大黒茂谷・その1
出だしは大岩の乗っ越しと堰堤の高巻き、その後はこのような穏やかな流れがしばらく続きます。

続きを読む

2010年10月03日 沢登り コメント:0

2010年10月02日

ウリ坊と遊びました。

夏の仕事を全て終えた後の週末、8月の終わりと同様に、再度大菩薩嶺(だいぼさつれい・2056.9m)北面の沢を登るべく、奥多摩駅から丹波行きのバスに乗り、終点から青梅街道を歩き始めました。
この青梅街道は丹波の辺りは賑やかですが、すぐに家並みは途切れ、思いの他頻繁に通り過ぎる車のスピードも速くて、徒歩で進むには少々心落ち着かない道です。
その丹波集落から20分ばかりも歩くと、道の左手に妙に雑多な雰囲気の、山で採れたものを売っているのであろうキノコ販売所が現れました。
店舗の一角には薄汚い(失礼!)椅子が置かれていたのですが、見るとその影で、何やら獣のようなものが動き回っていました。

ウリ坊・その1
その獣の正体は…何とウリ坊(イノシシの子供)でした!

続きを読む

2010年10月02日 かわいい動物たち コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。