--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年10月31日

秋晴れの石鎚山へ。

今日は東日本、北日本のお客様と一緒に、四国の石鎚山(いしづちやま・1982m)を目指すことになりました。

秋晴れの石鎚山へ・その1
早朝に土小屋・白石ロッジを出て、石鎚山頂を目指す途中、右手の東側の空から、朝日が昇ってきました。

続きを読む

スポンサーサイト

2009年10月31日 ガイド コメント:0

2009年10月30日

天野和明氏講演会のご案内。

今日は来月、11月19日の夜に開催される、東京都山岳連盟・海外委員会主催の海外登山研究会についてご案内します。

第22回海外の山を知ろう

今回の講師は、Giri-Giri Boysの天野和明氏。
ピオレドールを受賞した昨年のカランカ北壁と同じメンバーで、今年はスパンティークのゴールデンピラーを登った、その報告会です。
岳人の先月号(2009年10月号)や、現在店頭に並んでいるROCK & SNOWに報告が掲載されてはいますが、やはりご本人の報告を聞く機会というものはとても貴重なものです。
少しでも興味のある方は、ぜひ会場に足を運んでみてください。

ところで今回は、私はちょうど米子滞在期間中であるため、会場に向かうことはできません。
翌週に上京予定なので、1週間あとだったら良かったのですが…まあ、仕方がありません。
ということで私の代わりに(?)、ぜひ一人でも多くの皆さんに講演会にご参加いただきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

Amazonへのリンク:
岳人 2009年 10月号 [雑誌]
ロック&スノ-2009秋号 (別冊山と溪谷)

2009年10月30日 登山の話題 コメント:0

2009年10月29日

紅葉の三鈷峰。

今日も米子市内のお客様と一緒に、山に行ってきました。

紅葉の砂滑り
今回歩いたのは、宝珠尾根から三鈷峰(さんこほう・1516m)に登り、砂滑りを下山するコース。
砂滑りへの降り口では砂の量が少なく、やや緊張する場面もありました。
それでも紅葉のベストシーズンに、気持ちの良い登山を楽しむことができました。

2009年10月29日 ガイド コメント:0

2009年10月28日

『男の隠れ家』2009年11月号。

先日書店に行ったら、この『男の隠れ家』という雑誌が目につきました。
普段ならばまず手にすることのない雑誌なのですが、「週末、山へ。」という特集が気になり、パラパラとページをめくってみました。
すると思ったよりも記事の内容はしっかりしていて、読み応えがありそうな感じです。
早速購入して、自宅で読んでみることにしました。

『男の隠れ家』2009年11月号
巻頭文を書いているのは岳人編集部の服部文祥氏。
記事の項目は、「湿原を歩く」「低山縦走、日帰りハイク」「雲上の絶景温泉」「山小屋を愉しむ」「信仰の山を旅する」など、一般登山の要素を一通り網羅しています。
さらに御前山~鋸山湯俣温泉晴嵐荘、立山(8月3日9月7日)、氷壁の宿 徳澤園、石鎚山(1日目、2日目その1その2)など、この1年の間に私が訪れた山や宿もたくさん掲載されていて、興味深く読むことができました。
山好きの方ならば楽しめる号だと思うので(男性に限らず)、良かったらぜひ手にしてご覧になってみてください。
もう書店には並んでいないかも?しれませんが、Amazonだったらまだ購入も可能だと思います。

Amazonへのリンク:
男の隠れ家 2009年 11月号 [雑誌]

2009年10月28日 山の本や雑誌 コメント:0

2009年10月27日

氷雨の伯耆大山。

今日は米子市内の方と一緒に、伯耆大山の弥山(みせん・1709m)に登ってきました。

氷雨の伯耆大山
コースは夏山登山道から頂上に向かい、行者コースを下山という一般的なコース。
頂上付近ではみぞれを思わせる、冷たい氷雨に降られましたが、意外と登山者は多く、頂上小屋は大賑わいでした。

続きを読む

2009年10月27日 ガイド コメント:0

2009年10月26日

『山と渓谷』2009年11月号。

今月号の『山と渓谷』で、ぜひ読んでいただきたい記事があるのでご紹介します。

『山と渓谷』2009年11月号・その1
今月号の特集は「山はひとりで。」、特別企画は「カンタン読図の道迷い防止術」。
それぞれの記事の見出しには、「骨折をしてわかった携帯電話は必需品」とか「地図が読めない人のための道迷い防止術」などという文字があってびっくり!?
…けれどもそういうものに違和感を感じるのも、古くなってきた証拠でもあるのでしょうか???
まあ私も、携帯電話のおかげで助けられた経験はあるのですが…。
ちなみに、読んでいただきたい記事はこれらのものではないです。。

続きを読む

2009年10月26日 山の本や雑誌 コメント:0

2009年10月25日

大山道自然観察会。

今日は鳥取県立大山自然歴史館が主催する、大山道自然観察会に、ボランティアの救護スタッフとして参加してきました。

大山道自然観察会・その1
これは今から約400年前に、大山寺への参道として作られた石畳の道。
すっかり落ち葉に覆われていました。

続きを読む

2009年10月25日 伯耆大山と周辺 コメント:0

2009年10月24日

秋の三鈷峰。

今日は久し振りで妻と一緒に、大山の一角に聳える三鈷峰(さんこほう・1516m)に登ってきました。

秋の三鈷峰・その1
大山寺の参道を過ぎて、大神山神社の急な階段を登っているところ。
少々風が強く、秋晴れの青空とはいきませんでしたが、それでも歩きやすいちょうど良いくらいの気温でした。

続きを読む

2009年10月24日 伯耆大山と周辺 コメント:0

2009年10月22日

「ゆっくり歩く登山教室」天神山。

今日は私が講師を担当する、NHK米子文化センターゆっくり歩く登山教室」第6回目(下半期第1回目)の日。
今回は吉備高原最高峰の天神山(てんじんやま・777.3m)に行ってきました。

天神山
今回の講座は本当は10月8日に実施予定だったのですが、丁度台風がやって来たため、私の都合により今日に延期してもらったのでした。
今日は本当に気持ちの良い秋晴れの空模様で、鈴振崖からは吉備高原の大展望を楽しむことができました。

2009年10月22日 ガイド コメント:0

2009年10月20日

隠岐島後・大満寺山から鷲ヶ峰。

昨日の続きです。

大満寺山から鷲ヶ峰・その1
今朝はまず、隠岐群島の最高峰である、大満寺山(だいまんじやま・607m)頂上へ。
荒れ寺である大満寺の右手にある、観音石仏群を納めた祠の裏手から登っていきます。

続きを読む

2009年10月20日 その他の山々 コメント:0

2009年10月19日

隠岐の島・島後へ。

少し調べることがあって、隠岐の島に行くことになりました。

隠岐の島へ・その1
隠岐の島は複数の島々から成る群島となっていて、大きく2つのブロックに分けられています。
一つは西ノ島、中ノ島、知夫利島の3つの島からなる島前。
もう一つは大きな一つの島である島後。
私は以前、調査のために島前西ノ島の摩天崖というところを訪れたことがありますが、今回の目的地は島後。
初めて訪れる島です。

続きを読む

2009年10月19日 その他の山々 コメント:0

2009年10月18日

秋の企画展『大山の森ときのこたち』。

今日は鳥取県立大山自然歴史館で開催されている、秋の企画展『大山の森ときのこたち』の連携講座の、きのこ鑑定会と特別講演会に参加してきました。

大山の森ときのこたち・その1
きのこ鑑定会の会場。
参加者は朝9時から11時までの2時間、特別保護地域を除いた自由な場所できのこを採取、所定の場所に並べていきました。
それを講師である、(財)日本きのこセンター菌じん研究所主席研究員の長澤栄史先生に、どのようなきのこであるか、食べられるのか毒なのかを教えていただく、というのが、今回の鑑定会の内容です。

続きを読む

2009年10月18日 伯耆大山と周辺 コメント:2

2009年10月16日

烏ヶ山へ。

今日は鳥取県立大山自然歴史館のボランティア(山岳情報スタッフ)の仕事で、鏡ヶ成の湿地帯と伯耆大山との間に聳える、烏ヶ山(からすがせん・1448m)に行ってきました。

烏ヶ山・その1
とは言いつつ、いきなりこんな写真ですみませんが…現在、烏ヶ山は登山道の一部が崩落しているため登山禁止の状態となっています。
(登山道に依存しない、雪山や沢登りで登る場合はこの限りではないと思います)
登山道を崩落させた地震からは9年が経過し、地盤も浮石も落ち着いてきてはいるものの、現状でも通行には不向きな状況となっています。
私は今回は大山自然歴史館から特別の依頼があって登ってきたのですが、一般の皆さんには、現時点では登山は自粛していただいた方が良い状況かと思いました。

続きを読む

2009年10月16日 伯耆大山と周辺 コメント:0

2009年10月15日

くつろぐうさぎ。

今朝の飛行機で、米子の自宅に戻りました。
東京と米子を行ったりきたりの慌ただしい生活が続きましたが、これからしばらくの間は、米子中心の活動を行うことになります。

くつろぐぽこ
テーブルの下でくつろぐぽこ。
これからは毎日、くつろぐぽこを見ることができるので嬉しいです。

2009年10月15日 うさぎ コメント:2

2009年10月14日

涸沢から上高地へ。

昨日の続き、今回はピークに立つことはなく、今日はこのまま上高地へ下山です。

涸沢から上高地へ・その1
とっても良く晴れ上がった、今朝の涸沢カール。
朝日に染まる穂高の山並みを見ようという宿泊者で、展望テラスは大賑わいでした。

続きを読む

2009年10月14日 ガイド コメント:0

2009年10月13日

晩秋の涸沢カールへ。

昨日の続きです。
今日は涸沢カールを目指して出発です。

晩秋の涸沢・その1
朝の徳沢。
小さな草原となっているキャンプ場が清々しい雰囲気です。

続きを読む

2009年10月13日 ガイド コメント:0

2009年10月12日

氷壁の宿・徳澤園。

6月から続いた、東京を基点とした旅行代理店による、一連の登山ツアーの仕事もいよいよ終わりが近づいてきました。
今日は今年最後の仕事として、北アルプスの上高地から徳沢へと向かいました。

徳澤園・その1
今日の宿泊先である、氷壁の宿・徳澤園の談話室。
暖炉の中で薪が赤々と燃えていて、とても良い雰囲気です。

続きを読む

2009年10月12日 ガイド コメント:0

2009年10月11日

黄金の都・シカン展。

今日は上野に出向き、国立科学博物館の特別展『黄金の都・シカン』を見学してきました。

シカン展
この展覧会の期日は明日まで。
終わる前にどうしても見に行きたいという気持ちがあって、見に行くことに。
その理由はというと、私が以前ペルーを訪れた際に、この展覧会の展示物が発掘された、シカン遺跡のすぐ間近まで行ったことがあるからなのでした。
このシカン遺跡の周辺はペルーの北部に位置し、旅行者も比較的少ないエリアと思われます。
自分が足を運んだことのある、そういうマイナー地域の遺跡をテーマとした展覧会であるならば、見ないわけにはいかないなという気持ちになったのでした。

ということで展覧会場に足を運んだのですが、元々私はあんまり考古学そのものには関心はないので、注目したのは単純に展示物の色、形です。
特にペルー旅行中にしばしば目にしたプレインカの土器を、久し振りに目にして何だか懐かしい気持ちになってきました。
(実際に当時私が目にしたのは“モチェ”という文明の土器が中心で、今回の“シカン”とは異なっているのですが…正直言って、説明してもらわなければ区別がつきません)
あとはやはりこの展覧会のタイトルにもなっている黄金の工芸品ですが、とてもコミカルな神様の形になっていて、まったく高級な感じがしなくて面白く感じました。
でも、ちょっと展示物の数が少ないため、物足りない気もしました。
しかしシカン遺跡そのものから出土している数もそんなに多くはないと思われるので、こんなものなのかもしれません。

続きを読む

2009年10月11日 旅行・観光 コメント:0

2009年10月10日

風雪の瑞牆山・大ヤスリ岩。

昨日の続きです。
昨夜泊めていただいた友人夫妻と一緒に、今日は瑞牆山(みずがきやま・2230m)の岩場を目指すことにしました。

風雪の大ヤスリ岩・その1
これは山頂近くの登山道から見上げた大ヤスリ岩。
空は晴れているように見えますが、天候はかなり不安定で、時折冷たい風が吹きすさぶような状況です。
本当は本峰南壁とかを登ろうと思っていたのですが、あまりの寒さに日和って、これまで2回登ったことがあって様子のよく分かる、大ヤスリ岩のハイピークルートに取り付くことにしました。

続きを読む

2009年10月10日 クライミング コメント:0

2009年10月09日

友人の家は猫屋敷。

5泊6日の米子滞在日は、台風のおかげであやふやなうちに過ぎ去っててしまい、慌ただしく再度東京へ。
今日中に片付けなければいけない用事を済ませた後は、久し振りに山梨県在住のClimbing Club ZOOの仲間である友人夫婦のお宅を訪問。
その友人の家では、何と猫を4匹も飼っているのですが、ここで可愛いその猫ちゃん達をご紹介したいと思います。

ねころく
4匹の中で、一番最初に飼った猫は、このねころく(♂)という猫。
以前出会った時は愛想がなくて、ぜんぜん触らせてくれなかったのですが、今回は自由になでなでさせてくれました。
4匹の中では、一番猫らしい風貌の猫ちゃんです。

続きを読む

2009年10月09日 かわいい動物たち コメント:0

2009年10月05日

初秋の毛無山。

今日は地元の米子市、境港市の女性5名と一緒に、鳥取県江府町の毛無山(けなしやま・1218.4m)に行ってきました。

初秋の毛無山・その1
四合目の辺りから見上げた毛無山。
ススキの穂がとっても綺麗で、初秋のやわらかい空気が漂っていました。

続きを読む

2009年10月05日 ガイド コメント:2

2009年10月04日

テーブルの下でごろん。

米子に戻りました。
今回は5泊6日の滞在で、仕事2回とたまった事務処理を済ませたら、またすぐに上京です。

テーブルの下でごろん
ぽこはこの前に買ってあげた、ペット用カーペットがとっても気に入ってくれたようです。
みあのいない間は、カーペットの敷いてあるテーブルの下で、ごろんごろんしながら過ごしていました。

2009年10月04日 うさぎ コメント:0

2009年10月03日

秋の焼岳登山。

おととい涸沢から帰ってきたばかりなのですが、昨日の夜に新宿を出発し、今日は焼岳(やけだけ・2455.4m)登山です。

秋の焼岳登山・その1
今日の登りは新中ノ湯ルートから。
ちょうど前線が通過中だったため、朝は雨の中の出発となりました。

続きを読む

2009年10月03日 ガイド コメント:2

2009年10月01日

紅葉の涸沢カール。

昨日の続き、4日間のツアーもいよいよ今日が最終日です。

紅葉の涸沢カール・その1
夜半まで降り続いた雨も明け方には上がり、快晴の空模様となりました。
涸沢ヒュッテの展望テラスは、日の出を待つ登山者で大賑わいでした。
背後の山肌は紅葉の真っ盛り、赤や黄色に色づいた、鮮やかな姿になっていました。

続きを読む

2009年10月01日 ガイド コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。