--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年06月30日

長沢背稜から雲取山へ。

昨日の続きです。
今回の目標の一つは、奥多摩最奥に位置する、長沢背稜(ながさわはいりょう)を縦走する、というもの。
長沢背稜は東京都最高峰の雲取山(くもとりやま・2017.1m)の三峰口コース上のピークである、芋ノ木ドッケ(いものきどっけ)から東に延びる尾根のことで、途中酉谷山(とりだにやま・1718.3m)を経て、一杯水避難小屋のすぐ北に位置する三ツドッケ(みつどっけ・1567m)までの区間を指しています。
私はこれまで、沢登りの際の下降路として、この長沢背稜は部分的に歩いたことはあるのですが、とても雰囲気の良い尾根であり、いつか通して歩いてみたいと思っていたところした。

長沢背稜から雲取山へ・その1
夜間は激しく雨が降っていたものの、明るくなる頃には上がったので、それを待つような感じで一杯水避難小屋から出発。
小屋左手の縦走路ではなく、小屋前のトレースを辿ってアップダウンを繰り返し、最初のピークである三ツドッケに到着しました。
まだほんの少ししか歩いていないのですが、早くも息が上がってきてしまいました。

続きを読む

スポンサーサイト

2009年06月30日 その他の山々 コメント:0

2009年06月29日

ヨコスズ尾根から一杯水へ。

6月末から7月始めの梅雨真っ盛りの時期のため、ちょっと仕事が途絶えてしまいました。
それでは久し振りに自分の行きたい山に行こう!と思案したのですが…やっぱり予報ではずっと雨!
仕方がないので、ちょっと日和った感が強くはありますが、避難小屋があって雨でも安心な、奥多摩の縦走路を歩いてくることにしました。

ヨコスズ尾根から一杯水へ・その1
朝遅めに実家を出て、久し振りに降り立った奥多摩の駅前。
前回ここに来たのは、2004年6月に妻と一緒に鷹ノ巣山(たかのすやま・1736.6m)の稲村岩尾根を登って以来で、5年振りということになります。
駅の斜め向かいにある大好きだった「丸花食堂」には、営業を止めましたとの紙が貼られていました。
残念ですが、店を仕切っていたおばあさんが随分とご高齢だったため、やむを得ないのでしょう。
JR武蔵五日市駅前の「秋川食堂」、小田急線新松田駅前の「マニラ食堂」と、私の好きだった登山口の食堂は、みんな営業を止めてしまったことになります。
ちょっと寂しい感じです…。

続きを読む

2009年06月29日 その他の山々 コメント:0

2009年06月25日

裏磐梯・猫魔ヶ岳と雄国沼。

今日は(も?)仕事で磐梯山(ばんだいさん・1818.6m)の西に位置する、猫魔ヶ岳(ねこまがたけ・1404m)に行ってきました。

猫魔ヶ岳と雄国沼・その1
八方台登山口から登っていく途中から見上げた、猫魔ヶ岳。

続きを読む

2009年06月25日 ガイド コメント:0

2009年06月24日

南八ヶ岳・西岳。

今日は仕事で、南八ヶ岳の西岳(にしだけ・2398m)に行ってきました。

西岳・その1
出発は山頂の南西に位置する、富士見高原ゴルフ場から。
出発時は低気圧が通過中で大雨でしたが、途中から雨も上がって爽やかな陽気となってきました。
日当たりの良い斜面では、登山道の両側に満開のツツジが咲いて我々を迎えてくれました。

続きを読む

2009年06月24日 ガイド コメント:0

2009年06月23日

大山光一氏講演会のご案内。

今日は来月、7月23日の夜に開催される、東京都山岳連盟・海外委員会主催の海外登山研究会についてご案内します。

第21回海外の山を知ろう

今回の講師は、埼玉県山岳連盟の海外委員である、大山光一氏。
テーマは「普通のサラリーマンの7大陸最高峰登頂達成物語」というもので、会社員としての仕事を持ちながら海外遠征をこなしていく、その方法論を語っていただくものになりそうです。
またエベレストやアコンカグア、キリマンジャロやエルブルースなどの山々に登る際の、具体的な手続きやその他の注意点なども教えていただけることと思います。
少しでも興味のある方は、ぜひ会場に足を運んでみてください。

ところで今回は、私はちょうど上京中で時間もとれるため、都岳連海外委員のスタッフとして会場に向かいます。
多分受け付けかスライド係をしているので、ぜひ声をかけてください。
講演会終了後は、近くの居酒屋に会場を移して、山の話で盛り上がりましょう。
ということで皆様、どうかご参加いただくよう、よろしくお願いします。

2009年06月23日 登山の話題 コメント:4

2009年06月21日

再び谷川岳縦走。

先週の大源太山(だいげんたさん・1598m)から谷川岳(たにがわだけ・1977m)への縦走に引き続き、今回は谷川岳から仙ノ倉山(せんのくらやま・2026.2m)を経て、平標山(たいらっぴょうやま・1983.7m)までの縦走をしてきました。

谷川岳縦走・その1
出発時は風雨が強く、視界はまったくなかったのですが、途中から雲に切れ間が出てくるようになりました。
これは前方に万太郎山(まんたろうやま・1954.1m)が見え出したところでの写真です。

続きを読む

2009年06月21日 ガイド コメント:0

2009年06月20日

天神平から谷川岳。

今日も仕事で、上越の谷川岳(たにがわだけ)に行ってきました。

天神平から谷川岳・その1
天神平から谷川岳に向かうコースの、肩の小屋直下の登り。
残雪は少なく、その上を歩くことなく小屋まで到達しました。

続きを読む

2009年06月20日 ガイド コメント:0

2009年06月17日

花がたくさんの平標山。

今日は仕事で谷川連峰の西に連なる、平標山(たいらっぴょうやま・1983.7m)に行ってきました。

花がたくさんの平標山・その1
森林限界を過ぎた辺りから見上げた山頂の方向。
上の方は、すっかりガスに覆われていました。

続きを読む

2009年06月17日 ガイド コメント:2

2009年06月14日

谷川岳縦走。

昨日の続きです。

谷川岳縦走・その1
宿泊した蓬ヒュッテ。
一昔前の山小屋っぽい雰囲気が味わえる、素朴な山小屋でした。

続きを読む

2009年06月14日 ガイド コメント:4

2009年06月13日

越後大源太山。

今日は仕事で、上越のマッターホルンとの異名を持つ、大源太山(だいげんたさん・1598m)に行ってきました。

大源太山・その1
弥助尾根上部から見上げた、大源太山頂上。

続きを読む

2009年06月13日 ガイド コメント:0

2009年06月11日

「ゆっくり歩く登山教室」広戸仙。

今日は私が講師を担当する、NHK米子文化センターゆっくり歩く登山教室」第3回目の日。
今回は鳥取東部山地の広戸仙(ひろどせん・1114.5m)に行ってきました。

広戸仙・その1
この広戸仙は、別名・爪ヶ城(つめがじょう)とも呼ばれています。
これは岩場展望台から見上げた、山頂の様子です。

続きを読む

2009年06月11日 ガイド コメント:0

2009年06月10日

雨の横手道。

今日の米子は朝から雨。
当然、山の上でも雨であることは間違いない状況ではあったのですが、諸般の事情により、伯耆大山の中腹に付けられた横手道を歩いてきました。

雨の横手道・その1
横手道入り口。
桝水高原から車道を鍵掛峠方面に進んだ左側に、ご覧のような標識が立てられています。

続きを読む

2009年06月10日 伯耆大山と周辺 コメント:0

2009年06月09日

素っ気ない?再会。

先月末に自宅を出発し、大阪、名古屋、東京、神奈川、静岡、そして韓国とあちこちを飛び回る生活を送っていましたが、今日、約2週間振りに帰宅しました。
私が家に帰る際の楽しみの一つは、やはり動物たちとの再会です。
ぽこはブゥブゥ、みあはミャアミャア鳴いて、大興奮して私の帰宅を喜んでくれるのではないか??
そのような期待(妄想?)を抱いて、部屋の扉を開けたのですが…。

素っ気ないぽことみあ
ぽこもみあも、こんな感じで自分のやりたい事に夢中の様子です。
ブゥともミャアとも言わず、私が声をかけても目を合わそうともしません。
素っ気ないなー。
何だか妙に憎ったらしくなってきたので、この後は交互に抱っこして、思いっきり揉みくちゃにしてやりました。

2009年06月09日 うさぎ コメント:2

2009年06月07日

伊豆半島・天城山。

今日は仕事で、伊豆半島の天城山(あまぎさん・1406m)に行ってきました。

天城山・その1
下山後に見上げた天城山。
やや右よりの少し尖ったピークが、最高地点の万三郎岳(ばんざぶろうだけ)です。

続きを読む

2009年06月07日 ガイド コメント:0

2009年06月06日

韓国・仁寿峰の岩場。

先日の仁寿峰(インスボン・810m)でのクライミング中に写した、岩場の写真をいくつかご紹介します。

仁寿峰の岩場・その1
登山口であるトソンサ広場から、ベースとなる白雲山荘(ベグンサンジャン)に向かう途中の木立の合間から見上げた仁寿峰の東面フェース。
右上の顕著な膨らみが耳岩です。
右岩の下に伸びるクラックの、右に拓かれたルートが“シュイナードA”ルートで左が“シュイナードB”ルート(だったと思います)。
その左手には友情A、BルートとかインスA、Bルートとか、10本くらいのたくさんのルートがひしめいているようでした。

続きを読む

2009年06月06日 岩壁の写真 コメント:0

2009年06月04日

ソウル市内。

3泊4日間の韓国滞在の最終目は、われわれのホテルのすぐ近くで勤務する韓国の友人が、地元で人気の朝食を食べられるお店に案内してくれました。

ソウル市内・その1
その朝食のメニューはこれ、“ブックォクッチブ”と呼ばれるスケソウダラのスープをメインのおかずにしたものでした。
独特の風味のある美味しいスープでお代わり自由なため、2杯もいただいてしまいました。
(ここに限らず、韓国のほとんど全ての飲食店ではお代わりは無料なのでした)

続きを読む

2009年06月04日 旅行・観光 コメント:0

2009年06月03日

北漢山・白雲台。

3泊4日間の韓国滞在の3日目は、残念ながら朝から雨!
それでも昼過ぎには上がって、少しですが晴れ間も覗くようになったので、宿泊している白雲山荘からすぐ近くに聳える、北漢山(ブカンサン)連山の最高峰である白雲台(ペグンデ・837m)に登ってくることにしました。

白雲台・その1
これは白雲台の登山道脇に立てられていた案内板。
白雲峰と昨日クライミングをした仁寿峰(インスボン・810m)の位置関係がよく判ります。
北漢山とはこの他にもう1つ、万景峰(マンギョンボン・800m)というピークで構成される、3つのピークが連なった山稜のことを呼ぶのだそうです。

続きを読む

2009年06月03日 その他の山々 コメント:0

2009年06月02日

仁寿峰東面フェース・インスBルート。

3泊4日間の韓国滞在の2日目に、仁寿峰(インスボン・810m)東面フェースのインスBというルートを登ってきました。

インスBルート・その1
白雲山荘を出て、アプローチの途中から見上げた仁寿峰。
今回登ったインスBルートは、この写真では右から中央のブッシュの向こうを登っていくような感じでしょうか。
あんまりよく考えずに撮っていたため、残念ながらルートの全体像がよく見える写真は写さないでしまいました。

続きを読む

2009年06月02日 クライミング コメント:0

2009年06月01日

韓国へ。

所属しているClimbing Club ZOOの仲間と一緒に、3泊4日の日程で韓国に向かうことになりました。

韓国へ・その1
今回はちょうど東京に滞在中だったため、羽田空港からソウルの金浦空港に行く便を利用。
どちらの空港も都市中心部から近いため、移動時間が少なくてとても楽です。
早めに空港に行って待っていると、我々の乗るアシアナ航空機がやってきて整備が始まりました。

続きを読む

2009年06月01日 旅行・観光 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。