--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年07月23日

知床半島海岸線トレッキング(4日目)。

モイレウシ川出合の番屋横で一晩明かした我々は、回復傾向の天候の下、相泊を目指して出発しました。

知床半島(4日目)・その1
出発して間もなく、シーカヤックの一団が我々の前を通過して行きました。
この後、相泊でも一緒になってお話ししたのですが、“阿寒湖ウォーカーズ”という団体の皆さんが主催したシーカヤックのツアーだったのでした。

続きを読む

スポンサーサイト

2010年07月23日 海・シュノーケリング コメント:4

2010年07月22日

知床半島海岸線トレッキング(3日目)。

さて赤岩の番屋で一夜を過ごした我々は、おばあさんにお礼を述べて相泊へと引き返すことにしました。

知床半島(3日目)・その1
カブト岩の登り。
ここまで来ると一安心ですが、途中は非常に不安定が泥とガレの登りが続いて体力を消耗するところです。

続きを読む

2010年07月22日 海・シュノーケリング コメント:2

2010年07月21日

知床半島海岸線トレッキング(2日目)。

ウナキベツ川出合の番屋横で一夜を過ごした我々は、厚い雲が立ちこめる空模様ながら、予定通りスタート。

知床半島(2日目)・その1
ちょうど大潮の干潮のため、大きく海水は引いて海岸線は歩き易い状態でした。

続きを読む

2010年07月21日 海・シュノーケリング コメント:0

2010年07月20日

知床半島海岸線トレッキング(1日目)。

北見市を後にした登山ガイドの先輩・上村博道さんと私は、レンタカーを走らせて知床へと向かいました。
目的は羅臼側海岸線をトレッキングして、知床半島の岬の突端まで歩こう、というものです。
ただしこれはトレッキングとは呼ばれているものの、断崖の登り降りや水際のトラバースを要求される少々厳しいコースです。
さらにコース全域は、ヒグマの生息域でもあります。
我々は事前に羅臼ビジターセンターに立ち寄り、熊避けのフードコンテナをレンタルし、コースの状況を教えていただいてから取り付き点に向かいました。

知床半島(1日目)・その1
出発地点は羅臼のさらに先に位置する、相泊集落から。
半島先端部までの釣り師向け瀬渡し船の営業もしている、ラーメン屋さんの“熊の穴”にも立ち寄り、番屋などの情報を教えていただきました。

続きを読む

2010年07月20日 海・シュノーケリング コメント:0

2008年07月26日

菅浦湾再訪。

先週に引き続き、今日も島根半島の菅浦湾にシュノーケリングに行ってきました。

菅浦湾・その1
今日は先週中断した、湾内右手の港から小島をつなぐコースを泳ぎたかったのですが、漁船の行き来があったため中止。
湾の中央に延びる防波堤から左側の磯を中心に泳ぎました。

菅浦湾・その2
連日真夏日で大変に暑い山陰地方ですが、海の中は快適で、暑くもなく寒くもない、ちょうどよい水温でした。

菅浦湾・その3
海の中にはいろいろな魚が泳いでいたのですが――

菅浦湾・その4
ブレた写真ばかりで、満足に写っているものはありませんでした。
シュノーケリングだと海面の動きといっしょに身体も揺れるので、カメラを固定するのが難しいです。
うまく写すには、何か工夫が必要です…。

菅浦湾・その5
これは比較的大きな魚でした。
多分ボラかな?

菅浦湾・その6
海面から突き出た岩で一息ついたら、小さなカニが気持ち良さそうに日向ぼっこをしていました。

今日はほとんど休むことなく、2時間半ほど泳ぎました。
海面にぷかぷか浮いているだけのようですが、けっこうくたびれました。
シュノーケリング、なかなか楽しいので、夏の間にあと1回はやりたいなと思っています。

2008年07月26日 海・シュノーケリング コメント:0

2008年07月19日

島根半島・菅浦湾。

今日から待望の3連休。
本当は少し遠出をする予定があったのですが、諸般の事情で残念ながら中止になってしまいました。
仕方なく、という訳ではないですが、今日は一人で島根半島の菅浦湾に、シュノーケリングに行ってきました。

菅浦湾・その1
菅浦湾は島根半島北側の日本海側に面した湾で、北浦海水浴場の少し東に位置しています。
自宅からは車で1時間余りの距離です。
一応ここも海水浴場にはなっているようですが、海の家などの施設は全くなく、海水浴客もほとんどいない、たいへんに静かな入江です。
湾の中央からは防波堤が突き出ていて、その左が海水浴場、右手に小さな港と砂浜になっています。
今日はその防波堤の中ほどから右側(港側)の海に入り、少し先にある小島まで泳いできました。

菅浦湾・その2
これは泳ぎ始めの、まだ港に近い箇所の海中の様子。
テトラポットで守られているため波は穏やかで、たくさんの小魚が泳いでいました。

菅浦湾・その3
これは港の出入り口であるテトラポットの切れ目を渡った先の、小島に近付いたところの海中の様子です。
水深も深くなってきて、本格的なダイビングをしているような気になる、なかなか楽しいところです。

菅浦湾・その4
しばらく海中風景を楽しんだあと、小島に上陸してみました。
見ると奥の方は洞窟状になっているようでした。

菅浦湾・その5
岩の上を歩いて様子を見に行くと、このような海蝕洞となっていました。
岩の形もちょっと独特で、なかなか面白いところでした。

さて、この小島の裏側は穏やかな磯の浜となっていました。
そちらから回り込んで、島を半周するように戻ったら面白いかも。。。
しかしそう思って海に潜る準備をしていたら、ゴロゴロゴロと雷鳴が鳴り響きました…。
…どうやら、通り雨が来るようでした。
いくら穏やかな湾内の海とはいえ、風が強くなると海面が波立ちシュノーケリングには危険です。
島の裏側を泳ぐのはまたの機会として、最短距離で安全な砂浜まで戻ることにしました。

菅浦湾・その6
これは愛用のシュノーケリング3点セット。
シュノーケルは21年前に、鎌倉の材木座海岸で買ったおもちゃのようなものなのですが、特に不具合がないため今でも使い続けています。
マスクとフィンはスキューバダイビングにも使える、そこそこ質の良いものですが、今のところライセンスの取得予定はなし。
なお、靴はマリンブーツではなく沢登り用の渓流足袋を使っています。
これならばかなり急傾斜の岩場でも自由に登り降りできるので、万が一のときにも安心かな?と思い、シュノーケリングの時も使用しています。

2008年07月19日 海・シュノーケリング コメント:2

2007年08月18日

島根半島・菅浦湾に行ってきました。

今日は午前中のわずかな時間のみですが、島根半島の菅浦湾にシュノーケリングに行ってきました。

菅浦湾・その1
菅浦湾は島根半島の北側にある小さな湾で、東側は漁港、西側は一応海水浴場とされていますが、海の家などの施設は皆無で自然な感じの場所です。

菅浦湾・その2
今回は湾の中央から突き出る防波堤の中程から岩場に移り、そこから海水浴場のある砂浜に向かって泳ぐことにしました。

菅浦湾・その3
泳ぎ始めは磯で、浅い場所には大きなフグが泳いでいます。

菅浦湾・その4
さらに泳ぎ進むと、たくさんの小魚が群れ集まっていました。

菅浦湾・その5
海水浴場に近づくにつれ、底は砂地となって雰囲気ががらりと変わります。
1時間足らず泳いだだけで色々な雰囲気を楽しむことができ、とても気持ちの良いシュノーケリングを楽しむことができました。
山も良いけれど、海もとっても気持ち良い!
今日はクラゲもけっこう泳いでいたため、海のシーズンはもう終わりと思いますが、来年の夏はもう少しシュノーケリングもやりたいなーと思いました。

2007年08月18日 海・シュノーケリング コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。